FC2ブログ

着替え用ボード

10連休明けの今日、令和初出勤、初新幹線通勤です(^。^)
それにしても10連休なんて休みは初めてのこと。
長すぎてかえって落ち着かなくなるなんて、自分でも意外(〃ω〃)
24時間戦えますか🎶 なんて時代に社会人になったからかも・・・
ということで、今日は休養十分、元気よく新幹線通勤です✌︎('ω'✌︎ )

で、令和初の記事は・・・トイレです( ̄▽ ̄;)

実は最近、気になってたんですよね。
東京駅の新幹線の改札内のトイレが順次改装されてキレイになったのですが、個室の入り口に表示されているイラスト。
画像が小さくて見えづらいかもしれませんが、こんな風に個室内の施設が表示されています。
ちなみに撮影したのは普段からすいている日本橋口のトイレで、ちょうど誰もいないときにパシャリしました(^.^)

20190507190317d06.jpeg

これ、もちろん男性用のトイレなんですが、ベビーチェアがあったり、お年寄りや身体の不自由な人にも安心な手すりがあったりして、よく考えられていていますよね。
以前では考えられないような感じですが、これが令和の時代ではスタンダードなカタチなのかも^ ^

でも、一番気になったのは一番下のイラスト。
着替え用のボードって???

そういう需要があって利便性のために設置していいる・・・?
う〜ん、ここで着替えする人っていったい・・・?
着替えしたら個室を長時間占領しちゃって迷惑なんじや・・・?

やっぱりこれ、謎です・・・ʅ(◞‿◟)ʃ






スポンサーサイト

まもなく終わる平成という時代を想いながら。



これが平成最後の更新です。
まもなく終わる平成という時代を想いながら。




那須どうぶつ王国



今年は10連休。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

こんなにまとまった休日はめったにないのですが、妻は基本的に連休は関係ないので、旅行なんかには行けないんですよね。
なのでいつものように近場で楽しむことに。

ということで行ってきたのは、栃木県北部の那須町にある『那須どうぶつ王国』。
詳しくはこちらをクリックしてご覧ください⇒那須どうぶつ王国

お天気は雨が降ったりやんだり、時々雨に雪が混じるという、この時期にしてはあいにくの天候。
ですが、オープンした屋内施設『アジアの森』で、すぐ間近に見られるレッサーパンダに癒されたいっ(#^^#)、ってことで、朝早くから出かけてオープン時間前に到着。

お目当てのレッサーパンダ、ホントに手の届きそうなところから見られました(*^▽^*)
このモフモフ感、それにこの動き。
妻と二人、すっかり癒されました(●´ω`●)

外はあいにくのお天気で、もうすぐ5月とは思えないほど寒かったのですが、動物たちの展示は屋内がほとんど。
ですが、屋外でもいろいろとイベントをやっています。
その中でも楽しみにしていたのが『バードパフォーマンスショー』

この『バードパフォーマンスショー』、猛禽類が観客のすぐ頭上を飛び回ります。

DSC_9133_00001.jpg


カメラにまっすぐ向かってくる鷲の姿は大迫力。
↓このとき、とりよたは完全にロックオンされた獲物でした(;^ω^)

DSC_9749_00001.jpg


猛禽類がこんなに近くで飛び回る姿を撮影できるのは、このあたりだとここだけかも。

白頭鷲はアメリカの国鳥ですね。
特に大きくて迫力もなかなか。
もちろん飛んでいるところを見たのは初めてでした。

DSC_9391_00001_01.jpg


ミミズクも猛禽類ですが、羽ばたくと思った以上に大きいです。
でも羽ばたくときの音がほとんどしないんですね。
びっくり(@_@)

DSC_9849_00001_02.jpg


南国の鳥も。
カラフルなのは生きる地域の環境のためだとか。
青や黄色の多い森なんですね。

DSC_9930_00001.jpg

ショーは30分弱ですが、途中、雨が降り出したり晴れたり。
なので写真に写っているつぶつぶは雨粒です。

ここに来たのは初めてだったのですが、子供から大人まで十分楽しめるようです。
とりよた夫婦は、なんだかんだで結局夕方まで楽しんでしまいました。
東京からは東北道を使って3時間程度でしょうか。
ここ那須高原はそれほど遠くはありませんし、ほかにも観光スポットがたくさんあります。
お気軽にお出かけするにはちょうどいいかもしれませんね。


次はもう少し天気がいいときに行ってきます。
猛禽類の撮影にハマってしまったかも(#^.^#)




平成最後の新幹線通勤



今日が平成最後の出勤でした。

平成最後の新幹線通勤の列車はE2系。
多分とりよたが一番多く乗った新幹線です(^。^)

このE2系は平成9年から走っているそうです。
長野新幹線が開業した時からですよね。
正確には長野新幹線用は、東北新幹線用と違い電源の周波数可変対応できるモノなんですけどね。

長野新幹線は、現在は延伸されて北陸新幹線となっています。
今はこのE2系、北陸新幹線では引退していて、東北新幹線だけになっています。

とりよたが新幹線通勤を始めたのがもう14年前のこと。
当時はまだこのE2系が最新の車両でしたので、これが来るとちょっと得した気分になったものでした( ´ ▽ ` )

社会人になったのが平成2年。
すぐに結婚して、家族が増え、いろいろあって家族のために転職して新幹線通勤を始めたのが平成17年。
その後は来る日も来る日も、片道100㎞以上の距離を毎日通。
とりよたの平成は、家事のために走り続けた時代だったのと同時に、とりよた自身が家族に支えられてきた時代でした。

皆さまにとって平成はどんな時代でしたでしょうか。
令和の時代が、一人でも多くの人にとって明るい時代となりますよう、心から願っています。









おばあちゃんの思い出④



おばあちゃん思い出
今回最終回にしたいと思います。

とりよたは大学生になって東京で一人暮らしをするようになっても、機会があれば帰省していました。
当時、妻は地元群馬の高崎から東京の大学まで新幹線通学をしていて、彼女に会うのが最大の目的だったのですが(o^^o)

とりよたが大学3年生の秋のこと。
それは昭和63年の秋で、昭和天皇の容体が毎日報道されていた時期でした。

大学は毎年11月初めに、いわゆる秋休みで1週間お休みになっていました。
当時とりよたはスポーツに打ち込んでいて、彼女となかなか会う時間が取れなかったので、この秋休みはとても貴重なデート期間。
その年も学校帰りの彼女と二人で電車に乗って帰省。

彼女と2日後にドライブの約束をしてから、とりよたは実家に帰りました。
実家ではいつものようにおばあちゃんが嬉しそうにお出迎え。
これもいつものことでしたが、両親は仕事中で、おばあちゃんと二人の夕食でした。

おばあちゃんは、とりよたのためにと買ってきてくれたサンマを焼いてくれました。
おばあちゃん、すっかり元気になっていて、子供の頃のように楽しく話をしながらの食事でした。
さっきまで会っていた彼女の話も。
おばあちゃんにも会わせたいと思いながら。

そのときはいつものおばあちゃんでした。

ですが。

その夜、普段通りおばあちゃんは他の家族より早く床につきました。
日付が変わろうとする頃、最初に異変に気付いたのは父でした。

おばあちゃん、部屋で倒れてました。

心筋梗塞の再発でした。

すぐに救急車を呼んで緊急搬送。
担架で運ばれるときは、まだ意識がありました。
ですので、そのときは、前回も大丈夫だったし、さっきまで元気でしたので、また入院して治療するくらいかと思っていました。

病院へは両親と、近所に住んでいた叔母夫婦が付き添い、とりよたは弟と従兄弟2人と後から病院へ向かうことに。
病院に行く準備をしているときに、父から電話が。
早く来いと、

急いで3人を連れて病院へむかい、到着したまさにそのとき、救命措置を打ち切るところでした。

さっきまで楽しく一緒にサンマ食べていたおばあちゃん。
信じられなくて・・・

真夜中の病院で、とりよたは大声で泣きました。


それからもう30年も経ってしまいましたが、今でもこの時のことを思い出すと悲しくなります。
ですが、戦前前後と苦労してきたおばあちゃんは、最後に家族全員に看取られて人生を終えたのです。
とりよたが生まれた頃までは、家族に恵まれずに不幸続きの人生でしたから、人生で一番穏やかで幸せなときだったに違いありません。

ところで、ドラえもんの「おばあちゃんの思い出」では、のび太はタイムマシンでランドセルを取りに帰って、おばあちゃんに小学生になった姿を見せてあげたんでしたね。

とりよただったら?
もちろんおばあちゃんに自分の家族を見せてあげたいです。

これがぼくの家族だよ。
おばあちゃんの家族だよって。

おばあちゃんのあの嬉しそうな顔が目に浮かびます。






フリーエリア

プロフィール

とりよた

Author:とりよた
偶然か、運命のいたずらか、縁もゆかりもなかった宇都宮に定住し、諸々の事情で都内まで新幹線通勤して早10年以上。都会で仕事して田舎暮らしするのにも大分慣れてきた今日この頃です。

コメント大歓迎、リンクフリーです(*^^)v


サラリーマン ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア