カクテルの街 宇都宮

今週末、義兄夫婦が宇都宮に来ました。
義兄というのは妻の兄で、東京で建築デザイン関係の仕事をしています。
義兄夫婦には子供がいないので、今まで何度か来ては子供たちの相手をしてもらっていて、子供たちも大好きなおじちゃんです(;^ω^)

でも今は子供たちは大学生になって宇都宮にはいません。
今までは夜は家でお食事ということが多かったのですが、子供たちがいない今回はオトナの夜の過ごし方を、なんてことになって出かけてきました\(//∇//)\

宇都宮にはもう19年以上住んでいますが、今まで子供たちがいたのでオトナのイイ雰囲気のお店なんか行ったことなんてなかったです。
お酒はほぼ家飲みオンリーでしたし、飲み会なんかあっても大抵は和●のような安い居酒屋ばかりでしたので、「どこかいいお店知らない?」と聞かれて困っちゃいました(。-_-。)

ちなみに4人とも非喫煙者でタバコの煙が大の苦手。
最近でこそ東京は禁煙や分煙だ進んできましたが、宇都宮のような地方都市ではまだまだのようで、イイ感じの居酒屋でも少数の喫煙者のタバコの煙で残念な状態に。
なかなか落ち着いて食事できそうなところがなかなか見つからず、義姉がスマホでさんざん検索してやっと静かでいい雰囲気のお店を見つけました。

で、入ったのは宇都宮市街地の中心部にある「ホテル・ザ・セントレ宇都宮」の2階にあるレストラン「治兵衛」。
ま、ホテルのレストランですから当たり前のように静かですよね(〃▽〃)

そこでしばらくお食事。
観光客や出張者が多く利用している関係でしょうか。
地元栃木の食材を使った料理や、栃木のお酒を各種取り揃えているようです。

地元のお酒はいつでも家飲みできますので今回はパス。
代わりにといってはなんですが、最近品薄でほとんど手に入らなくなったサントリーの「山崎12年」を愉しむことに。
ウイスキーは昔から好きだったとりよたも、数年ぶりの「山崎12年」に、「え、こんなにいい香りだったっけ!!」といつになくハイテンション(´∀`*;)ゞ


「山崎」って、特に12年以上のものはほとんど小売店で見かけなくなったという話をしていたら、それを聞いていた店員さんが来て、最近は確保するのが大変で、サントリーとの人脈を使ってなんとか仕入れているとのこと。
それでもリミテッドものは年に何本も入らないということでした。

その方もウイスキーにはコダワリがあるみたいで、山崎がなかなか手に入らないので代わりになりうる国産ウイスキーを、ということで、秩父で醸造される「イチローズ・モルト」に早くから注目して、メニューに加えているとか。
こんな話で盛り上がった後、その方がまた来て「もしよかったら、サービスです」と持ってきたのが試飲用の「山崎12年」「山崎18年」「イチローズ・モルト ホワイトラベル」「イチローズ・モルト グリーンリーフラベル」の4種類((((;゚Д゚)))))))
これ全部のみ比べできるなんて・・・し・あ・わ・せ\(//∇//)\

ついでにボトルの写真まで撮らせていただきました。
右から「12年」「18年」「リミテッド2017」「ノンビンテージ」です(o゚□゚)o≪≪≪ワアァァァァァァッ!!

DSC_1139_(002)_convert_20170924143124.jpg


で、こんな至福なときを過ごして、次に行こうということになったのがこちら。
知る人ぞ知る「バー・シャモニー」です。

DSC_1145_(002)_convert_20170924143259.jpg

実は宇都宮って、全国的にも有名なバーテンダーが集結している街です。
バーテンダーの国内外の大会優勝者を何人も排出している、「カクテルの街」なんですよね。
当然、そんな優秀なバーテンダーのお店がいくつもあって、この「バー・シャモニー」もその一つ。

初めて入ってみたんですが、お店の中はとってもオトナのいい雰囲気(#^.^#)
禁煙なのもうれしいかぎり。
写真撮影禁止なので、それをお伝えできないのが残念です。

さすが、ここでは普段見られないお酒がたくさん。
シングルモルトでは、マッカランの年代別のボトルがずらり。
それだけで圧巻です。

お酒の銘柄を指定して注文するのもいいですが、やっぱり一流のバーテンダーにお任せするのがイイのかも。
とりよたはカクテルを注文することにして、お任せでシェイクしてもらうことに。
大体の好みを聞かれたので、「すっきりめでスパーシーで」なんて、よくわからないような返事をしたら、「かしこまりました」と。

でほどなくして出てきたのは、ライムとソーダでスパイシーに仕上げたカクテル。
それにしてもこんないい加減な注文で、こちらの要望にドンピシャのカクテルを作ってくるなんて恐れ入りました。
あ、カクテルの名前を言われたけど忘れちゃった((^∀^*))

せっかくだからウイスキーも、と義兄がこれまたお任せで注文。
好みは「ちょっとクセのあるのがイイかな」
で、出てきたのが「アードベッグ」
それも2017年の限定品の「ケルピー」です。

さすがにクセがありすぎかも、と思ったのですが、なんだかおいしそう。
とりよたも頼んじゃいました(ノ´▽`*)b☆

続いて義姉も注文。
「アードベッグ」の2016年限定品の「ダークコーヴ」です。
これも強烈な香りですが、満足している様子。

さすがに一流のバーテンダーですね。
感心したのはお酒のチョイスだけじゃなく、トークも上手。
すっかり楽しませてもらいました。

他のお客さんがちょうどいなくなったのでダメもとでボトルの写真を撮らせてほしいと頼むと、あっさり「いいですよ」。
撮影禁止のお店で写真撮影に成功。
テンションMAXですヽ(≧∀≦)ノ

DSC_1140_(002)_convert_20170924143209.jpg

アードベッグの「ケルピー」と「ダークコーヴ」です。

カウンターにはたくさんのボトルが。
多すぎてほんの一部しか写真に入りませんでした。

DSC_1141_(002)_convert_20170924143228.jpg

入り口近くには数々のトロフィーが誇らしげに飾られています。
一流の証ですね。

DSC_1142_(002)_convert_20170924143243.jpg


ということですっかり宇都宮のオトナの夜を満喫してお店を出て、いい気分で宇都宮市の繁華街を歩きました。
いつも見慣れた風景なのですが、なんだかちょっと違ったように見えたのが不思議。
いつも何気なく通り過ぎていた道にこんなディープなところがあったんだ。

住み始めて19年。
宇都宮を再発見した夜になりました。




スポンサーサイト

ダッチオーブン

子供たちがまだ小さかった頃は、よくキャンプに出かけました。
でも、子供たちが大きくなってからは行く機会もなく・・・
今では楽しい思い出だけが残っています(*^^*)

ホントはまた行きたいんですけどね(⌒-⌒; )

宇都宮の自宅は狭いながらも庭がありますので、キャンプとはいきませんが、ちょっとしたアウトドア気分も楽しめます。
庭にテーブルとイスを並べて、野外調理してお食事したり。
バーベキューすることもありますが、ちょっと本格的にコレで料理なんてこともできちゃいます。

ダッチオーブンです(*^^*)

DSC_5459_00002_convert_20170710225359.jpg

いつの間にかこんなに揃っちゃいました(⌒-⌒; )
先週末、久しぶりにやってみようと思い立ちました。
どんな料理にしようかと思ったのですが、久しぶりですし、シンプルで手軽、それでいて美味しい丸鶏のローストにしました。

用意した丸鶏は少し小ぶり。
妻と二人ですのでこれで十二分。

DSC_5478_00005_convert_20170710225528.jpg


丸鶏は水で洗って、キッチンペーパーでよく水分をふき取ります。
味付けは基本的に塩コショウですが、今回はコレを使いました。
スパイスだけじゃなく、ハーブもはいって香りもいいです。

DSC_5483_00006_convert_20170710225552.jpg


鶏の皮の部分によくふりかけます。
味付けはこれだけですからチョット多めくらいがちょうどイイ感じ。
鶏のお腹には皮をむいたニンニクを詰めて爪楊枝で閉じておきます。
ニンニクは焼きあがるとペースト状になり、鶏肉にからませて食べるのです。
コレ、味と香りがたまりません。

鶏が小さめですので、今回使うダッチオーブンは比較的小さめの10インチ。
オリーブオイルをひいて、鶏と野菜を入れて・・・

ここでチョット裏技。
クッキングシートを敷いてます。
ダッチオーブンって結構こげつきに悩まされるんですよね。
邪道断然と叱られそうですが、コレを敷くと嘘みたいにこげつきを防げます。


DSC_5485_00007_convert_20170710225636.jpg


調理はカンタン。
フタをして火にかけるだけ。
だいたい1時間くらい。
このアバウトさもいいんです(*^^*)


火は炭を使います。
安いバーベキュー用のものでもいいですが、長い時間火力を維持できるものが便利。
こんなのもホームセンターで簡単に手に入れられます。

DSC_5472_00003_convert_20170710225436.jpg


ダッチオーブンで料理するときの一番の難関は炭おこしかも。
とりよたはこんな器具使っています。
煙突効果で比較的簡単に炭おこしできますよ。

DSC_5477_00004_convert_20170710225459.jpg


炭は少し多めにおこします。
表面全体に火がまわって全体が真っ赤になったらOK
フタをしたダッチオーブンを火にかけます。

DSC_5494_00008_convert_20170710225708.jpg


フタの上にも炭を置き、上下から熱を加えます。
時折炭の状態を確かめるくらいで、あとはひたすら放置(⌒-⌒; )
だいたい1時間くらいで出来上がりますが、火加減によっては焼きが足りなかったり、逆に焼きすぎちゃったりもします。
まあ、よほどのことがない限り大失敗はありませんのでご心配なく。

とはいえ、絶妙な焼き加減で食べたいものです。
とりよたが焼き上がりを判断するのは香りです。
ニンニクのいい香りがしてきたら中まで火が通った証拠。
そこでダッチオーブンを火から下ろします。

こんな感じです(*^^*)

DSC_5495_00009_convert_20170710225730.jpg

焦げているように見えるのはスパイスで、表面はパリパリ、中はジューシーに出来上がりました( ^ω^ )
お皿に盛り付けて完成です。

DSC_5497_00011_convert_20170710225800.jpg


日も暮れて涼しい風が吹いていたので、ホントは妻と二人、庭で星を眺めながら食べたかったのですが、イスやらテーブルやらランタンやら・・・あとかたずけも大変なので家の中で食べることに。

いつもながら、お、おいしいいぃぃぃ\(^o^)/


ケン◯ッキーフライドチキンにも負けない美味しさ。
準備も含めると2時間くらいかかりましたが満足感は計り知れません。

え?、面倒くさそう?

アウトドアは面倒くさいからイイんですよd(^_^o)




バラが咲いた♪

20150514①

庭のバラが咲きました。
最近は庭のお手入れがなかなか行き届かなくて半ば放置状態でしたが、今年もかわいらしく咲いてくれました。
でもバラって、こんなに簡単に撮っても絵になっちゃいますね。

前回あまりキレイなお話しじゃなかったので、ちょっとだけお上品にしてみました(^^ゞ


今日は母の日
実家の群馬にいる母に、ガラスドーム入りのバラのブリザーブドフラワーを贈りました(#^.^#)
喜んでくれたみたいで、さっそく今朝電話がありました。
最近は年に1回か2回くらいしか会う機会がありませんが、今も元気で仕事してるみたいです。


20170514②


今日は家でのんびりする予定です(*´ω`*)
・・・というか、最近お疲れ気味なんですよね(>_<)
今年で71歳になる母に負けないよう、とりよたも元気に仕事、がんばらなくちゃ・・・






二荒山神社(宇都宮市)と上野百貨店

20170429133425513.jpeg

休日の今日は美容室に行ってきました。
バッサリ、といってもいつものことなのですが、いや~サッパリしました。
まあ、こんなに短髪にするなら別に美容室で切らなくてもいいのですが、もう10年以上家族全員がお世話になっている美容室なもので(;^ω^)

その美容室は宇都宮市中心部にあります。
以前は違うところにあったのですが、数年前に移転してきました。

写真は宇都宮市のシンボル、二荒山神社です。
宇都宮の中心部にあり、宇都宮市はこの二荒山神社の門前町が発達したとのことです。
かつてこの付近は栃木県で最も人が集まる繁華街で、この付近の昭和30年代や40年代頃の写真には、人にあふれ活気のある街の様子が写っています。

写真は正面付近から撮ったものですが、以前は鳥居の両脇に地元の老舗百貨店が店を構えていました。
上野百貨店本館と新館です。
この上野百貨店は地元の人からは「上野さん」と呼ばれ親しまれてきました。

ところが、昭和50年代頃から自動車の普及にともない集客が郊外へと移っていき、この付近の賑わいも徐々になくなっていきました。
近くにあった別の百貨店が生き残りのため郊外に店舗を移転したのを横目に、「上野さん」はこの場所で営業を続けていましたが、来店者は目に見えて減少し、ついに2000年12月、21世紀を目前に倒産しました。
その後数年くらい、閉鎖された店舗がそのまま放置されたため、この付近はさびれた印象の街になってしまい、そのますます人足が遠のくようになりました。
その影響もあったのか、少し離れたアーケード街の「オリオン通り」もシャッター街のようになってしまいました。

実は前職の仕事の関係で、この閉鎖された店舗に何度か入ったことがあります。
店舗内部は電気が通っていないので真っ暗。
不気味でかび臭く、懐中電灯を照らした先にはほこりまみれのショーケースや備品類が散乱。
ここがかつて多くの人が買い物を楽しんでいた場所とは到底信じられないような空間が広がっていました。
事務室には書類が散乱して足の踏み場がないくらい。
倒産時の混乱がうかがえます。
唯一、壁にかけられた人でにぎわう店舗のモノクロ写真が、ここが栃木県一の売上を誇った百貨店だったことを物語っていました。
仕事柄、たくさんの倒産の現場を見てきましたが、そのなかで最も印象が強いものの一つです。

それからずいぶんと年月が経ちましたが、現在はその跡地に大きなビルが建っています。
「オリオン通り」も昔ほどではないにしろ、人と活気が戻ってきています。
一時の暗くさびれた街が嘘のようです。

実はこれは地元の人の努力があったんです。
跡地には宇都宮市が関与してビルが建ちました。
「オリオン通り」では毎週のようにイベントが開催され、周辺から人が集まるようになりました。

「ジャズとカクテルの街」「宇都宮餃子」「自転車ロードレース」などなど。
何だか統一感がないようにも思えますが、それぞれ行政と地元商店街、財界が協力し合って一定の成果を上げてきているようです。

3年くらい前、とりよたは故郷の群馬に帰省したとき、高崎の中心部に行ったことがあります。
高崎にも「中央銀座商店街」という商店街がありました。
映画館や地元の百貨店があって、とてもにぎわっていた記憶があります。
子供の頃の楽しい思い出や、高校のクラスメートだった妻との思い出もあったのですが・・・
そこは暗くさびれたシャッター街でした。
あまりの変貌ぶりに、妻と二人がっかりして帰ってきました。

もしかしたら、宇都宮のこの付近も同じようになっていたのかもしれません。
ですが、地元の人の努力によって、かつての活気を取り戻してきているようです。
宇都宮に住み始めて20年くらいになります。
今までずっと自分はよそから来た人と思っていました。
ですが、活気を取り戻した繁華街を見てうれしく感じた自分に、いつの間にか「地元の人」になっていたことに気づかされました。






田川のしだれ桜

東京の桜もそろそろ終わり。
今年は存分に楽しみました。

そうなると今度は宇都宮が見ごろになるんですよね。
宇都宮の見ごろは、東京の大体1週間遅れくらいなんです。
なので今週末がピークです。

ソメイヨシノの名所もイイですが、それ以外の桜も楽しみたいですよね。
ということで、今日土曜日の朝、宇都宮市の中心部を流れる田川のしだれ桜を妻と二人で見てきました。


DSC_3178_00026_convert_20170415142527.jpg

満開モフモフ状態です(#^.^#)

実はとりよたの通勤経路上ですので、毎朝開花状況をチェックしていました(^^ゞ
今年は、満開のタイミングとお天気、それに休日と全てがドンピシャですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

DSC_3268_00027_convert_20170415142816.jpg

川沿いは遊歩道になっていて、散歩したりジョギングやウォーキングしたりできます。
下から見上げるとまるで桜の滝のようです。

DSC_3211_00028_convert_20170415142711.jpg

朝ということもあってあまり人がいません。
思う存分撮影できました。

この桜、近くで見ると、とってもかわいらしいお花なんですね。

DSC_3297_00029_convert_20170415142924.jpg


そのかわいらしいお花をマクロ撮影で。

DSC_3353_00031_convert_20170415143041.jpg


先日の記事で載せた梅の写真と同じように、大きな玉ボケを入れてみました。

DSC_3343_00030_convert_20170415143010.jpg

先日の玉ボケはクルマのフロントガラスの反射光でしたが、今回のものは何だかわかりますか?
実は遊歩道の金属製の手すりの反射光でした(^^ゞ
逆光でお花が暗くなりますので、ストロボを発光させて光を補っています。

反射光とお花がうまく重なる場所を見つけるのに苦労しましたが、その甲斐あってイメージ通りに撮れました(●´ω`●)







フリーエリア

プロフィール

とりよた

Author:とりよた
偶然か、運命のいたずらか、縁もゆかりもなかった宇都宮に定住し、諸々の事情で都内まで新幹線通勤して早10年以上。都会で仕事して田舎暮らしするのにも大分慣れてきた今日この頃です。

コメント大歓迎、リンクフリーです(*^^)v


サラリーマン ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア