ゴルフ



週末の今日は、久しぶりに早めの帰宅。
まだこんなに明るいうちに新幹線に乗ることは珍しいです(*^^*)

写真は東京駅日本橋口です。
レトロな丸の内駅舎とは対照的に近代的なビルになってます。

ところで、とりよたはゴルフをやりませんし、やったこともありません。
先日、恒例の社内コンペがありましたが、いつものようにお断りしました。
まあ、その代わりと言っては何ですが、景品の協賛は毎回させていただいてますけどね。

北関東にはたくさんゴルフ場があって、Googleの航空写真を見るとゴルフ場だらけでビックリするくらい。
今の会社や前職の同僚もほとんどゴルフをしますし、全くやったことがないのは珍しいかも。
それに、以前の記事で書いたことがありますが、高校生のころにゴルフ場でキャディのアルバイトをしていて、ルールやマナーは知っていましたし、お客さんのスイングを一回見ればレベルに合ったクラブを選択できたり、もちろんグリーンでは芝目や傾斜なんかからパッティングのアドバイスもできましたd(^_^o)

そんな環境だったのに、何でやったことがないのか?
もう信念みたいなものです。
ちょっと大げさですけどね(⌒-⌒; )

理由はいくつかあります。

昔、まだ子供の頃、山間にあった祖母の実家によく行きました。
その裏山は自然そのもので、よく木に登ったり、カブトムシやクワガタをとったり、野山を探検したり、子供にとっては夢のような遊び場でとても楽しい思い出ばかりでした。
ですが、小学校の高学年になった頃、久しぶりに行ったその場所はすっかり様変わりしていました。
ゴルフ場になっていたんです。

木は切られて山は削られ、沼や小川は埋められ、人工的で全く不自然な緑色の芝生が広がっていました。
それを見て子供心に大きなショックを受けたのでした。
ゴルフ場に嫌悪感を持ってしまったんですね。

その後、ゴルフ場でアルバイトしましたが、高校生には割がよかったことと、田舎では他に高校生がアルバイトできるところが当時はなかったためでした。
そこで仕事は結構頑張ったのですが、 まだ純粋な少年だったので、接待やゴマすりみたいな大人社会の醜い面がどうも目についてしまい、ゴルフ自体にも良い印象をもてなくなりました。

それに、当時とりよたはスポーツを比較的ハードにやっていて、ゴルフはスポーツというよりもオッさんの遊びみたいに思い込んでいたんです。
もちろん全部誤解だったんですけどf^_^;)

そんなこともあって、社会人になっても周りからいくら誘われてもずっとお断りしていました。
接待や付き合いでゴルフやれ、と何度言われたかわかりません。
そのうちにバブルがはじけて、接待ゴルフどころか接待自体が悪みたいな風潮になっていったりして、少しお断りするストレスもなくなって行きました。

その頃は子供の頃の記憶や、アルバイトの体験なんかが理由ではなくなっていました。
実はゴルフをやらない一番大きな理由は他にあって、それは今も同じです。

その理由というのは、家族との時間を奪われたくないから。

とりよたは大学を卒業してすぐに結婚しました。
妻とは遠距離恋愛の時期が長く、ずっとさみしい思いをさせてきたので、なるべく早く結婚して一緒の時間を少しでも長くしたかったのです。
そのうちに子供が生まれ、家族が増えましたが、平日は仕事で朝早く、帰宅は遅い日々。
週末だけが家族とゆっくりできる時間でした。
大切な家族との時間を削ってゴルフなんてことはできなかったんですよね。

え?、そんなの毎週じゃないし、うまくやればいいだろう?

とりよたは負けず嫌いで何でも徹底的にやっちゃうんです。
ゴルフなんかしたら、絶対のめり込んじゃいそうで怖い・・・これが本当の理由かも(>人<;)




スポンサーサイト

働き方改革

2017042418454816b.jpeg

東京駅のお隣のホームに停車中の東海道新幹線、N700系ひかり号です。
普段東北新幹線に乗っているとりよたには、この白と青の車体が新鮮に見えます。
子供の頃は新幹線と言えばこのカラーリングでしたから、形は変われど、やっぱりカッコいいです(*^^*)

今日は久しぶりに早めの帰宅です。
それにしても随分日が長くなってたんですね。
ここのところ明るいうちに会社を出ることなんてなかったのでちょっと違和感があります(⌒-⌒; )

そういえば、昨今、長時間労働が社会問題となっています。
政府の主導もあって「働き方改革」と盛んに言われるようになりました。
ご多分にもれず、とりよたの会社でも長時間の残業は原則禁止となりました。
と言っても、定時に帰れることは滅多になく、結局残業の日々だったんですけどねσ(^_^;)

今日、会社を出たときに思い出したんですが、前職では新卒で就職してからずっと夜遅くまで勤務の毎日でした。
毎日10時過ぎまで仕事をして、家に帰って寝るのは深夜。それでも翌朝は8時前には出勤していましたし、休日出勤もザラ。
タイムカードがあるわけでなく、勤怠は自己申告ですが、残業なんてつけたことなかった、というか、つけさせてもらえなかったんです。
それに有給休暇なんて簡単に取れない雰囲気でしたし、インフルエンザで高熱があっても仕事に来るのが美徳みたいな感じ。
一応、東証一部上場の金融機関だったんですけど、当時はそれが当たり前だと思っていました。
今考えると相当なブラック企業ですね〜

そんな状態でしたので、明るいうちに帰宅したことなんて15年間の勤務期間で数えるくらい。
そのときは、違和感というより罪悪感でしたね(⌒-⌒; )

とりよたが現在勤務している会社でも以前は遅くまで勤務することもありましたが、残業代を払わないなんていう違法なことはなかったですし、もちろん帰れるなら早く帰れました。
そんな当たり前のことにビックリした覚えがあります。

そんなでしたから、今のこの長距離通勤は全く苦になりません。
最初でこそ疲れたこともありましたが、今ではもう慣れたもので、新幹線の快適な車内でこんなブログを書く余裕もあったりして( ^ω^ )
転職した直接の理由は別にあったのですが、転職して新幹線通勤を始めたことが、とりよたの「働き方改革」だった気がします。






春になると



東京も桜がそろそろ終わりの時期に。
今年は長く楽しめました。

春休みは学生さんや子供連れの乗客で新幹線は混雑していました。
春休みが終わると、今度は新年度でビジネス客が多くなります。
写真は今日の午後8時頃の20、21番線ホームの様子です。

発車していく列車のほとんどは満席に近い状態です。
毎年春になるとこんな感じです。

春になると・・・
とりよたの苦手な仕事が・・・

以前も書きましたが、とりよたの一番苦手な仕事、人事考課の季節です(T . T)
人事考課

実は提出期限はとっくに過ぎちゃってるのですが、16人分もあったり、ここのところ忙しかったり、なんだかんだ言い訳して期限を延ばしてもらっていたんです(⌒-⌒; )
分かっちゃいるけどどうもね〜

期限を延ばしてもらうのもそろそろ限界みたいですので、今日は仕上げてきました。
おかげで帰りは気分が少し軽くなった気が(*^^*)

ですが、今日の新幹線は昨日より少し混んでいるようです。
同じ時間の同じ車両に乗ったんですけど。
まあ、これも良くあることです。

ですが、ですが・・・
ビジネス客が多い時期の遅い列車はには・・・これまたとりよた苦手な酔っ払い集団が多くなるんです。

今日もやっぱり乗り合わせちゃいました(T . T)

酔っ払い集団あるある?ですが、集団に必ず一人か二人、ベロンベロンになりながらグチったり、エラそうに若い同僚に説教したり・・・
酔っ払いですから失笑してしまうくらいな話の内容なんですけどね。

幸い、とりよたの席から少し離れたとこにいますので比較的被害は少なく、耳栓代わりにイヤホンで音楽を聴いて帰ることに。
これも春になると良くあることですので、もう慣れたものです。


当たり前のことを当たり前に



とりよたの仕事ですが、あまり詳しく書けなくてすみませんが、なかなかややこしいことが多いんです。
今は現場からちょっと離れた仕事になって、ややこしい輩を相手にすることはなくなって、昔ほどはストレスを感じなくなっています。
とはいえ、今の仕事もややこしいことが多く、1日何事もなく終えるとホッとして帰宅の途につきます。

今の仕事はというと、どんな難しいことであっても、まるで何事もなかったように、当たり前のことを当たり前当たり前にする必要があります。
当たり前にならなかったら、対外的に会社の信用が失墜し、組織として大きな損失を被ることになりかねません。
最近つくづく思うのですが、この当たり前のことを当たり前にする、というのは、実はとっても大変で難しいことなんですね。

上の写真は東京駅で折り返しとなるわずかな時間で車内清掃を仕上げ、最後に整列して挨拶する清掃員の方々です。
東京駅から発着する新幹線は、大変な過密状態ですが、よほどのことがない限り時間通りに運行されています。
もちろん運行システムや乗務員がキチッとした仕事をしているため、当たり前のように時間通りの運行となっているのですが、この清掃員の方々が当たり前の仕事を当たり前にこなしているおかげでもあるんですね。

ということで、とりよたは今日も当たり前の仕事を何事もなかったように当たり前にこなし、当たり前のように時間通りに発車した新幹線に乗って宇都宮まで帰ります。



ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをお願いします(#^^#)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村










プロフェッショナルな仕事

20160303203243e5a.jpeg

毎日通勤で新幹線を利用していますが、いつも感心するのが東京駅での車内清掃作業。
作業員の方々は列車がホームに入る時には、事前に各持ち場に整列して、深々とお辞儀して列車をお迎えします。
列車から乗客全員が降りたことを確認すると、折り返しで発車するとほんの数分の限られた時間内でテキパキと清掃を行い、最後には整列してまた深々とお辞儀をして次の列車の清掃に向かいます。
なんでもこの清掃作業はハーバードビジネススクールの必須講座に取り上げられているとか。
まさに日本を代表するプロフェッショナルな仕事ですね。


とりよたはこの一週間くらい仕事で悩んでいました。
悩んでいたのはとりよたが最も苦手な仕事。
そうです。人事考課です( ;´Д`)

とりよたは仕事柄、どんなにややこしい輩を相手にしても、どんなに難しい仕事を任されても、いつもプロフェッショナルに淡々とこなすようにしています。
仕事がうまくいかなかったり、たとえ失敗したとしても、その仕事の反省や今後のための改善はしますが、あまりいつまでもクヨクヨすることはしません。
ですが・・・人事考課だけはダメですね。

みんな頑張ってくれましたし、それには応えたい。
ですが成果や頑張り度合いで評価に差をつけなければ公平ではありません。
かといって数字などで明確に比較できることばかりではなかったり。
管理職の主要な仕事とはわかっていますが・・・

とりよたはまだまだプロフェッショナルな仕事するにはほど遠いようです(-。-;



ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをお願いします(#^^#)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村







フリーエリア

プロフィール

とりよた

Author:とりよた
偶然か、運命のいたずらか、縁もゆかりもなかった宇都宮に定住し、諸々の事情で都内まで新幹線通勤して早10年以上。都会で仕事して田舎暮らしするのにも大分慣れてきた今日この頃です。

コメント大歓迎、リンクフリーです(*^^)v


サラリーマン ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア