ブログ開始一周年④

20161215184930f31.jpeg

ブログ開始一周年、ということで、今まで書いた記事をご紹介しています(*^^*)
リンクをクリックしてご覧ください。

とりよたが新幹線通勤を始めたのは、今から10年以上前のこと。
家族のために転職したためでした。
なのでブログでは家族のことを書くことが多かったんですね。

家族のことをを書くと、皆さまから温かいコメントをいただくことが多くて嬉しい限りです。

今までで一番多くのコメントをいただいたのがこの記事です。
とりよたは50歳になりましたが、今まででこれほど多くの方から誕生日におめでとうと言われたことはありませんでした(#^.^#)
誕生日


このブログを始めたの頃に結婚から25年が過ぎました。
銀婚式ですね。
当日は結婚式を挙げた教会に行ってきました。
銀婚式


結婚する前からバレンタインデーは妻からチョコレートをもらっていて、ずっと今までそれが続いています。
とりよたもホワイトデーにプレゼントを用意しますが、新幹線通勤するようになってから、妻へのプレゼントは仕事帰りに買うことが多くなりました。
2日遅れのホワイトデー



新幹線通勤を始めたとき、息子たちは小学生と幼稚園児でしたが、今では大学生と高校生に。
ゴールデンウィークには長男が1人暮らしをしている多摩センターに行ってきました。
多摩センターでぶらりと


長男とはたまに東京駅周辺であったり、帰省してくるときは一緒に新幹線で帰ってきます。
長男とやまびこ号で


長男が帰省してくるには年に数回くらい。
当たり前だった家族4人での食事は、今では本当に貴重な時間になってしまいました。
長男の帰省で


次男は来月高校を卒業します。
まだ小さかった頃はよく家族を笑わせる元気な子でしたが、高校生になった頃はちょうど難しい時期だったみたいです。
ですが、三年生になって進路の相談を自分からしてきました。
次男と日曜日の新幹線で

このとき次男は自分で調べて、どうしても学びたい先生がいる大学の説明会に行ってきたんです。
そして見事に合格。
偏差値や学校の指導ではなく、自分自身で目標を定めて、そして自分の努力で道を切り開いたことが、親として本当に嬉しかったです。
合格発表


次男は来月1人暮らしのため家を離れます。
とりよたと妻は、新婚のとき以来の夫婦2人の生活になります。
今は寂しい気持ちが強いのですが、じきに慣れるかもしれませんね。


もちろんこのブログはこれからも続きます。

これからももどうぞよろしくお願いします。






スポンサーサイト

ブログ開始一周年 ③

20160824184417388.jpeg

ブログ開始一周年、ということで、今まで書いた記事をご紹介しています(*^^*)
リンクをクリックしてご覧ください。

ブログのタイトルにも関わらず、日記的に書いた記事もたくさんありました。
とりよたは今50歳ですが、大学生と高校生の息子2人を見ていると、自分のその頃の思い出がよみがえるようです。

これはとりよたが浪人生の頃、実家の群馬県で起きた悲惨な航空機事故のことを書いたものです。
8月12日の夕日


ちょうどその頃、とりよたにはチョット個性的で、気の置けない幼なじみの友人たちがいました。
スタンド・バイミー その1
スタンド・バイミー その2


この友人たちとはいろいろなところに行きましたが、最後に行ったのが塩原温泉でした。
とりよたがここに来るときは、偶然かもしれませんが、人生の転換期が多かったんですね。
塩原温泉


とりよたが運転免許を取ったのは高校を卒業してすぐのこと。
クルマは大好きでした。
これを書いているうちに、愛車との思い出とともに、家族の思い出が一緒にあることに気づかされました。
とりよたの「愛車遍歴」 その7


とりよたは群馬県の公立高校を卒業しましたが、甲子園は全く縁のないものと思っていました。
ですが、高校三年の時、母校は甲子園まであと一歩というところまで来ました。
高校野球の思い出


妻は高校三年の時のクラスメイトで、とりよたの初恋の相手でした(#^.^#)
雨の日の思い出


妻と交際していたとき、一時期遠距離恋愛だったことがありました。
今と違っていつでもどこでも簡単に電話で話すことはできませんでした。
カード電話



妻や家族のことはたくさん記事に書きました。
毎回たくさんのコメントや拍手ををいただき、本当に嬉しかったです。
それは次回ご紹介しますね。





ブログ開始一周年②

20170214142934f83.jpeg

ブログ開始一周年、ということで、今まで書いた記事をご紹介しています(*^^*)

毎日新幹線で通勤していると同じ時間の同じ車両に乗るようになります。
これは他の方も同じみたいです。
ちょっと大袈裟に書いてみましたが、だいたいの雰囲気がおわかりいただけると思います。
朝の車内


新幹線通勤している人は皆さんが想像するより多いかもしれません。
いつもじゃなくても、ときどき新幹線通勤する方も
ときどき新幹線通勤


今の時期は新幹線で受験生と乗り合わせることも多くなります。
頑張れ受験生

平日の東北新幹線はすいていることが多く、席を探して自由席をウロウロということもありません、。
ですが、金曜日は少し違います。
金曜日の新幹線は・・・


東京駅は他の駅と違った特別なことがたくさん。
丸の内駅舎は皇族専用の入り口が。
皇族はもちろん、国内外の要人が来るときの警備は厳重です。
SP(セキュリティーポリス)


東京駅で過去あったテロのことを、どれくらいの人が知っているのかなぁ。
テロ対策訓練


でもやっぱり東京駅は全国の鉄道の起点なんですね。
東北新幹線はここから始まる


いつも快適に新幹線通勤をしています。
今まで列車遅延で困ったことはほとんどありませんし、片道100キロの長距離通勤ということも、普段はほとんど意識することがありません。
ですが、東日本大震災にときだけは・・・
あれから5年①
あれから5年②
あれから5年③
あれから5年④
あれから5年⑤
あれから5年⑥
あれから5年⑦
あれから5年⑧



続きは次回です*\(^o^)/*
ご感想をコメントくださると嬉しいです(*^^*)



ブログ開始一周年①



ここのところ忙しく、すっかり更新がご無沙汰になっちゃったとりよたです(⌒-⌒; )
そんなとき、ふと気づいたのですが、このブログを始めてもう1年経っていました。
なんで気づかなかったのか、なんてツッコミが入りそうですが・・・

自分で今までの記事を読み返してみたんですが、あんなことも書いたなぁ、あのときはこうだったなぁ、なんて、たった一年ですが、結構いろいろ書いてたんですね。
最初の頃は、1日数人しか訪問してもらえなくて、もっと読んで欲しかった記事もたくさんありました。

しばらくすると訪問くださる方が増えてきて、拍手やコメントをたくさんいただいた記事も。
ホント、嬉しいです(*^^*)

ということで、この1年間で書いた記事を振り返ってみたいと思います*\(^o^)/*

過去の記事はリンクをクリックしてご覧ください。


毎日新幹線で通勤していると、いろいろな乗客に遭遇します。
そのなかには迷惑な人も。
そのうち一番反響のあったのがこちら
迷惑な乗客(席を回転させて靴を脱いで座席を占領編)


電車内でのお化粧は最近話題になりましたが、とりよたは以前から気になって仕方ありませんでした、
新幹線で テクマクマヤコン!!


もちろん迷惑な人ばかりではありません。
乗客の中にはもう一度会ってみたいと思っている人もいます。
混雑した車内では


中には訳ありの人も
訳ありの乗客
訳ありの乗客②


夜の東北新幹線なすの号は比較的すいています。
ときには車両で一人になることも。
そんなとき暗闇を進む新幹線での不思議な体験です。
お盆の新幹線で

真っ暗な中を進む新幹線では、こんなことを空想することもありました。
銀河鉄道に乗って



少し長くなってしまったので続きは次回に。
ご紹介した記事のご感想をコメントでお聞かせくださると嬉しいです(*^^*)


スタンド・バイ・ミー その2



写真は宇都宮駅の新幹線ホームから見た新幹線の線路です。
とりよたはいつもここで新幹線を降りますが、この線路は遠く函館まで続いているんですね。

乗客はこのまままっすぐ目的地を目指しても、行き先を迷ってもいいんです。
途中で降りたり、次の駅で乗り換えたっていいんです。
それは自分自身の旅なんですから。
そう考えると人生も同じかもしれません。
自分自身の人生の旅ですね。


さて、前回の続きです。
前回はこちらから→スタンド・バイ・ミー その1

今回は、たとりよたの少年時代の友人たちのことを書きます。
メンバーは時期によって多少入れ替わりがありましたが、その中で中心的な人物をご紹介します。

まずはF.A君
小学5年のときに隣の小学校から転校してきました。
彼は根っからの旅行好き。
みんなでどこか行こうというときは大体彼が言い出しっぺでした。
それもいつも唐突だったんですが、みんななぜか行こう行こうというノリになったのが不思議です。
彼の部屋には駅弁の包み紙がいくつも飾ってあって、入った瞬間には引いてしまったことを覚えています。
そんな彼は小学生の頃から作文が得意で、読書感想文やら何やらの作文コンクールで毎回入賞していました。
確か小説家になりたいと言って大学では文学部に進学したのでした。
そうそう、日航機事故のときに一緒にアルバイトしたのは彼でしたね。
8月12日の夕日


次はH.K君
彼とは中学で同じクラスになりました。
彼は子供のころから音楽が得意。
楽器は何でもできて、絶対音感の持ち主。
中学生の頃にはギターを完璧に弾きこなし、曲を一度聞いただけで簡単にギターで弾き語りしてました。
みんなでどこかに行ったときにもギターを持ってきて、クルマの中でもいつも弾いていました。
じつは彼のお父さんは誰もが知っている事務用品、建築機械メーカーの社長を永く務めた有名な方。
友人たちの中では一番育ちがよかったのですが、普段は全くそんなことは感じさせないフランクな人柄。
でも大学になって家族で引っ越した恵比寿の高級マンションに行ったときには、自分たちと住んでる世界が違うことを初めて実感しました。


小学3年生にときに転校してきたK.A君
彼は絵が得意で、小学生の頃から頃からよくコンクールに入賞していました。
それもそのはず。ご両親とも美術の教員で、自宅には立派なアトリエがある環境でした。
彼が描く本格的なデッサンに驚いた記憶があります。


実は一度も同じクラスになったことがなかったT.Y君
彼は上の3人のつながりで友人になりました。
浪人生になるまであまり交流がありませんでしたが、友人たちに中では一番人柄がよく、すぐに打ち解けることができました。
いつもニコニコしていて不思議な魅力があった人物です。


今まで紹介した4人は地元の名門高校を卒業しましたが、唯一とりよたと同じ高校だったのがH.M君
彼の家は本屋さんで、欲しい本があると彼に頼んで取り寄せてもらっていました。
ちなみに高校ではとりよたと妻のクラスメートで、妻のことも知ってたのは彼だけでした。


他にも何人かいたのすが、大体この5人が一番交流がありました。
大学生になってそれぞれの道を歩き出して、その後の交流はあまりなくなってしまい、もう30年くらい会っていません。
映画スタンド・バイ・ミーと同じですね。

でも何となく消息はわかっています。

旅好きだったF.Aくんは大学卒業後、大手旅行代店に就職して、今でも仕事もプライベートも旅行三昧のようです。
実はとりよたは彼のブログを参考にしています→日本に、もっと恋する旅
さすがにプロです。面白い場所を軽快な文章で紹介しています。
それに小説家志望だった彼らしく、短編小説みたいなものも書いていて、なかなか面白いブログになっていますね。


音楽が得意だった御曹司のH.K君は、現在大手光学・事務機器メーカーで広報責任者をしています。
海外での生活も長かったようで、仕事で世界中を飛び回っているようです。
彼のお父さんが亡くなったのを知ったのは日経新聞の記事でした。
人望の厚かった方だったようで、きっと彼も同じように活躍していることでしょう。
今でもたまにライブ活動をしているみたいです。

美術が得意だったK.A君は、大学では建築学科で学び、今は大手ゼネコンの設計部門で活躍しているようです。
彼がどんな建築物を設計したのかは知らないのですが、彼のことですからきっと美しいデザインにしていると思います。


人柄のよかったT.Y君は、大学を卒業した後に地元に戻り、中学校の先生になりました。
地元にいるとりよたの甥っ子や姪っ子がお世話になったようで、話によるといい先生と評判とのこと。
生徒からも保護者からも慕われる先生になったようです。
そうそう、彼はとりよたの結婚式にも駆けつけてくれました。


最後に、とりよたと妻のクラスメートだったH.M君ですが、彼は結婚式に来てくれた後に交流がなくなってしまい、その後の消息がわかりません。
まあ、彼のことですからどんなところにいても活躍していることでしょう。


こんなふうに彼らとは浪人生時代まで一緒にいたのですが、その後それぞれの目的地に向かって、今ではそれぞれの世界で活躍中のようです。
映画の最後では、主人公が約束通り少年時代のことを小説に書き上げ、その最後に「あの時のような友人たちを、その後に持ったことはなかった」と締めくくりました。
少年時代の友だちというのはどこの世界でも同じかもしれません。

彼らと今会いたいかと聞かれると、うーん、今はいいかな、もし会うとすれば、定年でリタイアした後がいいかな、と思っています。

彼らは彼らの世界で人生の旅を続けている最中。
そう、まだみんな旅の途中なんです。
その人生の旅の目的地が見えてくる頃に、それぞれが歩んだ旅のことやそれぞれの世界のことを、昔のように語り合いたいな。
そんなふうに思っています。

彼らの活躍を祈りながら。


IMG_20161016_0001.jpg



ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをお願いします(#^^#)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村





フリーエリア

プロフィール

とりよた

Author:とりよた
偶然か、運命のいたずらか、縁もゆかりもなかった宇都宮に定住し、諸々の事情で都内まで新幹線通勤して早10年以上。都会で仕事して田舎暮らしするのにも大分慣れてきた今日この頃です。

コメント大歓迎、リンクフリーです(*^^)v


サラリーマン ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア