車内の迷惑な人(靴を脱ぐ人編)




写真は新幹線の座席に備え付けの「トランヴェール」というフリーペーパーです。
JR東日本管内の旅行案内の月刊誌で、毎月月末に入れ替えられます。
朝乗った車両にはまだ2月号でしたので、日中に入れ替えられたのでしょうか。
とりよたは最新号に入れ替えられたらすぐに読んでいます。


さて今日の話題です。
新幹線には本当に色々な人が乗っていて、それぞれ思い思いの過ごし方をしています。
大半の人はリラックスしているようですが、そのリラックスの仕方によっては周りの迷惑になっていることもあります。
本人は迷惑かけてると気づいていないのだと思いますが。

よく見かけるのが靴を脱いでリラックスする人。
通勤や出張帰りの人に多いようです。

一日中革靴を履いてたので、脱いでくつろぎたい気持ちははわかります。
とりよたもそうしたいと思う時も多いです。

ですが・・・

靴を脱ぎたがる人ほぼ全員、靴の中がムレている人です。
そのムレた靴を脱いだらどうなりますか?
もうおわかりですね〜

その座席の周囲はあのニオイに包まれます(; ̄ェ ̄)
特に夏場なんか最悪です。
後ろの座席でやられてしまうと、自分の背中のすぐ後ろが発生源になって逃げ場もありません(; ̄O ̄)
もしお弁当食べているときだったら・・・想像しただけで身の毛がよだちます((((;゚Д゚)))))))


今まで何度も目撃したちょっと困った人がいます。

その方は通勤客だと思いますが、いつも座席に座るなり靴をぬぎます。
ただ脱ぐだけでなく、座席に備えつけてあるトランヴェールを床に敷いて、その上に靴を脱いだ足を乗せるのです。
そのうえ、なんとその方は降りる時にそのトランヴェールを座席に戻しているのです(>人<;)

トランヴェールは持ち帰り自由ですので、持ち帰られた座席に補充しているのだと思います。
月末近くになると結構ヨレヨレになったものがあります。
色々人が読んだり、色々な使われ方をしているのでしょう( ゚д゚)
とりよたはトランヴェールを読むのは最新号に入れ替えられた当日と決めていますが、これにはこうした深い理由があります。




スポンサーサイト

銀婚式

DSC_7168_convert_20160227171835.jpg

ちょっと前のことですみません。
先月のことです。

1月13日は結婚記念日でしたが、今年の結婚記念日は25回目。
つまり銀婚式でした。
毎年結婚記念日はささやかなお祝いをしていたのですが、今回は特別ということで二人が結婚式を挙げた前橋市の教会に行ってきました。

結婚式のあと何度か礼拝に二人で行ったのですが、それ以来ですので二十数年ぶりの訪問です。
周りの樹木が大きく成長していましたが、外観は当時のままで全く変わっていません。
職員の方に事情を話して中に入れてもらいました。


DSC_7182_convert_20160227171931.jpg

当時のままです。ここで二人は結婚式を挙げました。
当時はバブルの真っただ中で、盛大な結婚式や披露宴をすることが普通でしたが、当時では珍しく家族や親しい友人だけの結婚式でした。

妻は高校のクラスメートで、とりよたが初めて恋をした相手でした。
付き合い始めたのは大学生になってからでしたが、お互い違う大学に通っていましたし、遠距離恋愛の時期もあったりして、彼女にはずっと寂しい思いをさてしまいました。
でも、なかなか会えない二人だからこそ、会っている時間をとても大切にしていました。


DSC_7226_convert_20160227172040.jpg

彼女との結婚は全く迷いませんでした。むしろこれ以上離れていることに耐えられませんでした。
大学を卒業してすぐに結婚しました。
二人ともほかに恋愛をしたことがなく、幸運にも最初から運命の相手にめぐり逢ったのかもしれません。

DSC_7235_convert_20160227172156.jpg
(写真では二人の名前を塗りつぶしてあります)

職員の方が二人のメモリアルプレートを出してきてくれました。
結婚式当日、記念として祭壇の後ろの小部屋に納めたものです。
よく見るとその当時のとりよたの指紋が残っていました

彼女は傷つきやすい寂しがりな女性でしたので、当時のとりよたは「俺が彼女を一生守っていく」と思っていました。
若かったですね。

この25年間、本当にいろいろなことがありました。
何度も苦難に直面しましたが二人で乗り越えてきました。
嬉しいことがあれば二人で喜びました。
悲しいときには二人で泣いたこともありました。
とりよたは彼女を守ってきたつもりでしたが、振り返ってみると、それ以上に彼女がとりよたを支えていてくれたんですよね。

今、とりよたは毎日片道100㎞以上の距離を1時間50分かけて通勤しています。
朝早く、夜遅いのですが、彼女も同じ時間に起きて、とりよたや息子たちを送り出してから自分の仕事に行き、仕事から帰ると今度は家族のために家事をして、寝るのはとりよたと同じ時間です。
これを10年以上続けているのです。
おかげでとりよたは仕事も順調で体も健康です。
彼女には心から感謝しています。

まだしばらく先になりそうですが、息子たちが独り立ちしたら、少し長い休みを取って二人で旅行に行きたいと思ってます。
新婚当時に二人でテレビで見て、いつか行こうと約束したフィレンツェに。

車内のすごし方(サッカーTV観戦編)

2016022620305227a.jpeg

写真は北陸新幹線で運行されているE7系です。
北陸新幹線開業により登場しましたが、大分見慣れてきました。
ちなみに今日の話題とは関係ありません。

新幹線の車内では皆さん思い思いの過ごし方をしています。
スマホでメールやLINEをしている人
パソコンやタブレットでネットや動画を楽しむ人
静かに本を読む人
音楽を聴いている人
ひたすら爆睡の人(^_^;)
などなど

とりよたはスマホでネットやメールが多いですね。

ワンセグやフルセグでTVを見ることもできますが、走っている場所によっては電波の具合が悪く、特に大宮以北では途切れ途切れになってしまいます(; ̄O ̄)
なのであまりTVを見ることはないのですが、どうしても見たい時もあります。
サッカーの日本代表戦はその絶対見たいもののナンバーワンですね〜

日本国内の試合の場合はちょうど帰りの時間になることが多く、海外の場合は朝の時間になることもあります。
仕事中は見られませんのでこういうときはリアルタイムでTV観戦できるチャンスです。

ですが・・・

なかなか電波の調子がいいところを走ってくれないのです。
上野駅前後の地下区間では視聴不可能。
電波が途切れると画面が静止画像に( ゚д゚)

やっとつながったと思ったらゴールシーンを見逃していたなんて悲劇も(T . T)

たまたま電波の調子のいいときに日本のゴールシーンがると、いつも以上にテンションが上がります。
以前、繋がらない電波に苦労しながらも日本のゴールシーンが見られたとき、とりよたは我を忘れて、
うっしゃー とガッツポーズをとってしまいましたが、それと同時に車内のあちこちで同じような声が!(◎_◎;)

周りの皆さんも見てたのですね。
何人かと顔を見合わせニッコリ(⌒▽⌒)
車内は不思議な連帯感に包まれました。






混雑したやまびこ号の車内で福島の方と

201602252032226ae.jpeg

朝起きてびっくり。宇都宮は真っ白な雪景色でした。
今日は国立大学の2次試験だったのですが、受験生の皆さんは大変でしたね。

今日は少しだけ帰りが遅くなりました。
午後8時過ぎは宇都宮に停車する列車が一時的に少なくなります。
いつもは少し待ってでもなすの号に乗るとりよたですが、今日は早く帰りたかったので、珍しく8時20分のやまびこ号に乗ることにしました。
25日で普段でも混みやすい日ですが、試験を終えた受験生もいていつも以上に混んでいましたが、比較的早く並んで待っていたために無事に3席側の窓側席をゲット(^^♪
ブログを更新しようといつものようにIpadを取り出して文章を打ち始めましたが、東京駅を出発する頃にはほぼ満席の状態でした。

上野駅からも乗客が乗ってきましたが、座席も残りわずかです。たまたまとりよたの隣の真ん中席は空いていました。
そこへ試験帰りと思われる母娘が乗ってきて、上野駅で買ったのであろうお弁当を、とりよたの隣の席で交代で食べようという話をしていました。
娘さんが食べ終えてお母さんと交代するところで周囲の人も気を使い始めた様子です。母娘の荷物をとりよたも協力して荷物棚に上げるのを手伝ったりしていました。

よく見ると後ろの座席の真ん中席も空いているではないですか。交代した娘さんがそこに座ろうとしていましたので、席を交代してあげることにしました。
せっかく早く並んでゲットした席でしたが、こうしたほうが気持ちよく宇都宮まで帰れます。今までにも何度か経験がありますので、迷うことはありませんでした。

後ろの真ん中席に移動したところ、隣の座席の人のよさそうなオバサマがニコニコしてとりよたに話しかけてきました。
どうやら話好きのオバサマのようです。あまり車内で見知らぬ人と話をすることはないのですが、これも何かの縁かもしれません。
少し相手をすることに。

話をしているうちにその方は福島市内に住んでおり、原発事故後の福島の現状を知ってもらおうと全国や海外にまで発信しているとのこと。いろいろなことをお聞きしました。
その内容をここで書こうかどうか迷いましたが、少しでも間違ったことを書いたらかえって迷惑かもしれないと思い、書くのはやめておきます。

普段はあまり気にしてませんでしたが、東北新幹線ですから被災地の方も多く乗っているのですね。
あれからもうすぐ5年になりますが、元の生活に戻れない方々、今でも苦しんでいる方々も大勢いることを決して忘れてはいけない、と思い知らされた体験でした。

あ、暗黙のルールを破ってしまった((+_+))



朝の車内

201602241945248f2.jpeg

とりよたが毎朝乗るなすの号の車両は、秋田新幹線で運行されているE6系です。
東京駅に到着して通勤客を降ろすと、今度はこまち号として秋田まで観光客を乗せていきます。
新幹線の車両は1日何往復しているのでしょうか。
どなたか詳しい方やJR東日本の方、是非教えてくださいm(._.)m

ところで、新幹線通勤の人の数は皆さまの想像よりもずっと多いのではないでしょうか。
通勤時間帯の宇都宮からは大体15分毎に発着しており、途中の小山や大宮からも乗ってきますので、どの列車も最終的には満席の8~9割くらいの乗車率になります。

朝の通勤電車はどこも大体同じかも知れませんが通勤客は同じ時間の同じ車両に乗りますよね。
新幹線通勤でも同じなのですが、ちょっと様子が違うのは、大体同じ座席に座るのです。

もちろん自由席なので席が空いていればどこに座ってもいいのですが、これが乗客の間で暗黙のルールとなっています(⌒-⌒; )
この暗黙のルールは絶対です。他の人の席に座ろうものなら、「なんで俺の席に勝手に座ってんだよ(怒)」と理不尽ににらまれることになります(; ̄O ̄)

いつもは乗ってない観光客や出張客のような一見さんが数人乗ってくると、この暗黙のルールのもとに築かれていた秩序が崩壊し、通勤客たちは大混乱に陥ります。
スミマセン、ちょっと大げさです( ^ω^ )

このように毎朝同じ時間の同じ車両に乗っていますので、乗客同士はみな顔見知りになります。
顔見知りといっても、よほどの事がない限り話をしたりはしません。
これも乗客同士がそれぞれの朝の時間を有意義に過ごすための暗黙のルールとなっているのです。

とりよたは東京駅から別の電車で職場に向かいます。新幹線から降りて同じ方面に向かう人はあまりいません。
なので新幹線から降りると職場まで誰も知り合いはいません。
職場は中規模なビルにあります。とりよたの会社以外にもいくつかの会社が入居していますが、ある朝、いつものように会社のビルに着き、エレベーターに乗って何気なく隣に乗っていた人を見てビックリしました。
その人は何年も前から毎朝とりよたの前の座席に座っている人でした!(◎_◎;)

その人も気がついたようでしたが、やっぱり話をすることはありませんでした。
ここでも暗黙のルールは絶対です(ー ー;)







車内の迷惑な人(携帯電話編)

20160223193714921.jpeg

新幹線の乗客は色々な人がいます。中には迷惑をかけて知らんぷりの人も。
悪気はなくて迷惑になっているのにきづいてない人もいるのでしょうが、どう見ても非常識な人にもしばしば遭遇します。

迷惑に感じることが一番多いのが音です。
そのなかでも非常識と思われても仕方ないのが携帯電話ですね。

さすがに最近は座席で大きな声で通話しているひとは見かけなくなりましたが、それでも平気な顔で通話しているひともたまにいます。
車内アナウンスでも「通話はデッキで」と言ってるのに。もしかするとデッキという言葉を知らないのでしょうか。
それにしても非常識です。

マナー モードにしていない人も多いし、中には降車駅で寝過ごさないようにアラームを鳴らすツワモノも・・・(; ̄ェ ̄)

意外に多いのがスマホのキー操作音を鳴らしている人です。
今日もとりよたのななめ前の席にいました。
写真の女性ですが、東京駅からずっとメールを打っていて、周囲にはいつまでも甲高いピコピコ音が響いていました。
前の座席の人はたまりかねたのでしょうか、無言で席を移動していました。
それでも本人は一向に気にしていません。
自分でもうるさくないのでしょうか。無神経にもほどがあります。

よほど注意しようかと思ったところで考えました。
もしかすると耳の不自由な人かも知れない。でなければあんなに無神経にピコピコできるはずがない、と。
新幹線の乗客には色々な人がいます。それには最大限の配慮しなければいけません。

でも降車するときになってに気づきました。その方、メールの着信音に速攻で反応してたのでした。
・・・なんか負けた気分です(T . T)





仕事スイッチ

20160222202322ece.jpeg

お仕事はなんですか?と聞かれると、いつもとりよたは困ってしまいます。
クレジットカードや銀行口座開設の申し込み書類などに記載する「業種」なんて必ず迷ってしまいます。
金融系で法律系で、サービス業で・・・、世の中でフツーに分類されている業種のどれにもストライクがありません。
業界の方はわかってしまうかもしれませんが。

ただ言えるのは、時にはややこしい人を相手にしたり、時には法令的あるいは金融的に難しい判断をしたりして、非常にストレスがたまる仕事です。最近は現場を離れて久しいのですが、以前はややこしい人を相手にする現場での仕事だったため、そのときの習慣で今でも地下鉄で一人で電車を待つときは、必ず壁を背に立ってしまいます。まるでゴルゴ13ですね(^_^;)

とりよたは仕事のストレスを家庭に持ち帰りたくありません。逆に家庭のことも職場に持って行きたくありません。
なので新幹線に乗ったときに仕事スイッチのONとOFFを切り替えるようにしています。
新幹線通勤はこれがとても都合がいいのです。今では自然にできるようになりましたV(^_^)V

物理的な距離があるおかげで、「ここまできたらどうにもならねーし」と簡単に開き直れますd(^_^o)
でもどうにもならない分、職場ではやり残しもできないのも事実ですので、自ずと集中して仕事をかたずけるようになりました。

また適度な時間があるおかげで自分だけの一人の時間ができて、ちょうどいい気分転換にもなります。
新幹線の乗客は各々で違った時間の過ごし方をしていますが、とりよたの場合もネットをしたりメールしたり音楽を聴いたりして気分転換してます。

新幹線には本当に色々な人が乗っていますので、変わった過ごし方の人や、あきれた過ごし方の人、思わず笑ってしまったこと、微笑ましいエピソードや胸くそ悪い体験など、10年以上乗ってると数え切れないくらい経験していますので、そのうちにいくつかのエピソードを書いてみたいと思ってます。
ご期待くださいV(^_^)V






家族4人の週末

DSC_7929_convert_20160221182104.jpg

今日の宇都宮は良く晴れました。
庭のロウバイはまだ楽しめそうです。
他の庭木も新芽やつぼみを付けているものもあり、春の訪れが近いことがわかります。

今週末は久し振りに家族4人全員ですごしました。
長男が東京で一人暮らしをするまでは当たり前のことだったのですが、今ではとても貴重な時間です。
でも今回は一時的な帰省でしたので、明日にはまた東京に戻る予定です。

その気になればとりよたは東京でいつでも長男と会うことができますが、妻は長男の帰省のときにしか会えません。
よほどうれしいのでしょうか、帰ってきたときの家事の気合いの入れようが違います。
料理や掃除・・・次男が「いつもとちがくね?」とこぼすくらいです( ;∀;)
なので帰ってしまうときはとても寂しそう(;´Д`)

長男は自分なりに大きな目標を見つけたようで、今はそれに向かって走っています。
親にはそれを応援することと、たまにへこたれたときに励ましてやることくらいしかできません。
へこたれたときには東京でおいしいものを一緒に食べることにしています(*^^)v

一緒に食事するって親子のコミュニケーションでとても大事なことと最近気づきました。
今まで普通のことだったのに、子供と離れて生活して初めて分かったのです。
とりよたの夢だった息子と一緒にお酒を飲むことも実現。調子に乗って昨日は飲みすぎてしまったようで、不覚にも二日酔いに( ゚Д゚)
相変わらす威厳のない父親っぷりです((+_+))

今日もこれから家族4人で食事をします。次はしばらく先になりそうなので、この貴重な時間を大切にしようと思います。










長男とやまびこ号で

やっと週末です。
今週も何とか乗り切りました(*^^)v

今日の帰りはいつもと違い、帰省する大学生の長男と一緒でした。

普段はあまり行かない八重洲中央口で待ち合わせして、まずは食事をすることになりましたが、金曜日ということで、八重洲地下街はどの店も満席で、なかには行列ができている店も( ゚Д゚)

結局ここになりました。

20160219224839b11.jpeg

味乃宮川さん。
八重洲地下街の日本橋口方面にあるのですが、今まで何度も利用させてもらってます。

注文したのはもちろん鰻。大奮発の重箱の特上です(#^.^#)
一人暮らしでいつも大したものを食べてない長男のために・・・と妻には言い訳をして(*´ω`*)

20160219224840b0d.jpeg

おいしいです。とってもおいしいです!
一週間頑張った自分へのご褒美ということで!(^^)!
言い訳がましいですか?

ということで2人で新幹線に。
今日は混んでいてもやまびこ号にのりました。

201602192248416b3.jpeg


その理由はこれです。

DSC_0103_convert_20160219223637.jpg

青森県産りんご使用のアイスです。
なすの号には車内販売がありません。数年前まではあったのですが・・・
やまびこ号の車内販売でこのアイスを買って食べるのが目的でした。

長男と帰るときのいつもの楽しみです。
まだ小さかった時と同じように。
とりよたにとっては新幹線は普段の通勤電車ですが、たまには長距離列車本来の旅気分を味わうのもいいですね。






頑張れ受験生

20160218200129151.jpeg

写真は新幹線ホームから見た丸ビル、新丸ビルです。

週末が近づくとだんだん疲れるオヤジのとりよたです。
今週もあと1日、もうひと頑張り、もうすぐ必ず週末がくる、と自分に暗示をかけてます(; ̄O ̄)

この時期の朝は一年で一番冷え込むので、朝のホームでの到着待ちは身にしみます。
でもこの時期は受験シーズンなんですね。
通勤客に混じって試験に向かう受験生が多くなります。
さすがに写真は撮れませんが。

とりよたの息子二人も受験生世代です。
長男は2年前に受験し、次男は来年ですので、受験生を見るとまるで自分の子供たちのように応援したくなります。

実はとりよたもその昔、新幹線で受験に行きました。
その頃とりよたは群馬に住んでいましたので上越新幹線でした。
当時は群馬から受験するには都内に泊りがけが普通でしたが、ちょうど前年に東北、上越新幹線が大宮から上野まで延伸したために新幹線受験となったのです。

上越新幹線に乗ったのはそれが初めてだったのですが、とても快適でリラックスして試験に臨めたのを覚えています。
特に雪が降った日 の試験では、在来線は遅延し、都内の交通も乱れるなかで、新幹線は何事もないように定刻どおりの運転をしてくれたので、動揺することなく試験を受けることができました。
受験は第一志望の大学はダメでしたが、その雪の日に受験した大学がとりよたの母校となりました。

その時は将来通勤で、それも上越ではなく東北新幹線に毎日乗ることになるとは思いもしませんでしたが
d(^_^o)

受験生の皆さんへ。
あと少し、もうひと頑張りです。
体調に気をつけてベストをつくしてください。
もうすぐ必ず春がきます。








フリーエリア

プロフィール

とりよた

Author:とりよた
偶然か、運命のいたずらか、縁もゆかりもなかった宇都宮に定住し、諸々の事情で都内まで新幹線通勤して早10年以上。都会で仕事して田舎暮らしするのにも大分慣れてきた今日この頃です。

コメント大歓迎、リンクフリーです(*^^)v


サラリーマン ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア