今年も半分終わり



手前が東北新幹線で運行されているE5系、向こう側が上越新幹線で運行されているダブルデッカー(2階建)のE4系です。


ところで、今日は6月30日。
もう今年も半分終わっちゃいますね。
あっと言う間です( ̄O ̄;)

たった半年ですが、国内外で本当に色々ありました。
テレビなんかでも、「上半期の出来事」みたいな特集をそこらじゅうでやってますね。

とりよたも色々ありました。
個人的にはちょうど銀婚式だったり、仕事では部が社内表彰されたり。

でも一番の出来事はこのブログを始めたことでしょうか。
通勤中の時間の使い方が一変しました(⌒-⌒; )

最初は本当に読んでもらえるのか心配でしたが、予想以上に多くの方にご訪問いただき、とりよた自身が一番驚いています。
ブログ内に設置したアクセスカウンターも50000を突破。
最近は1日に600人以上ご訪問いただけるようになりました。

拍手ボタンやランキングボタンのクリックでたくさん応援いただいたり、温かいコメントいただいたり、本当に感謝です((∩^Д^∩))
もしよろしければ、ブログを始めたころの記事も読んでいただけると嬉しいです(*^o^*)
まだ1日に数人程度しかご訪問頂けなかったころの記事も、きっと楽しんで頂けると思いますよ〜〜

ではでは、これからもよろしくお願いします+゚。*(*´∀`*)*。゚+



ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをよろしくお願いします(*^▽^*)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村





スポンサーサイト

折り返し運転



東北新幹線は終点で折り返し運転することが多く、東京駅に到着すると、乗客が全員降ろしてから清掃作業をして、また乗客を乗せて東北方面へ出発していきます。
一体1日に何往復して何人の乗客を運んでいるんでしょうね(O_O)


今日もムシムシした天気でした。
とりよたは蒸し暑いのは苦手です(⌒-⌒; )
反対に寒いのは比較的平気なんですが。

ただでさえ苦手なムシムシの天気なのに、今日はとりよたには珍しくスーツ着用でした。
でも最近はネクタイを締めなくていいので助かります。
反対にこの時期はネクタイしている方が、エコ意識が低い会社!なんて非難を受けそうなくらいですね;^_^A

でもまあ、とりよたもそうですが、こんなに蒸し暑いと皆さん汗をかきますよね。
営業の方みたいに一日中、外回りで頑張ったりすると汗臭くなっても仕方ありませんね。

とりよたは内勤なので、一日中冷房の中にいますが、それでも夕方になると汗臭くなってるような・・・
えっ、汗臭いというより加齢臭じゃないかって?
う~ん、ハッキリに否定できないのがくやしい(T ^ T)

でも、最近はいいものがあるんですね。
デオドラント効果入りの制汗シートです。
それもヒンヤリ効果のあるクールタイプ。
高3の次男が買うというのでついでに買ってみました。

使ってみてビックリ。
サッパリするし、ヒエヒエになるし。
気になる汗臭さも無くなりました。
もっと早く使ってればよかったなあ(*^_^*)

今日も夕方にコレを使ってサッパリしましたが、その効果は帰りの時間まで持続しています。
気分良くいつものように新幹線に乗って座席に座ったのですが・・・
なんか汗臭いです( ̄O ̄;)

今日乗車した列車はいつもよりもすいていて、周りにはあまり乗客はいません。
とりよたは制汗シートでサッパリして汗臭く無くなっています。

ニオイの元は・・・座席です( ̄O ̄;)
前の乗客のニオイが座席についてしまったんですね(@_@)

実は夏になると良くあることなんです。
何往復もしていて、その間には何人もの乗客が座席に座っていたので、中には汗臭い人がいたとしても不思議ではありません。
でも、折り返しの清掃作業では座席のニオイまでは取れませんよね。
よくあることなんですが、コレって座ってみなければわからないんですよね~(T . T)
残念ながら、アタリだったみたいです(つД`)ノ

すいていたので違う席に移動しましたが、なんだかニオイが背中についてしまった感じがして、ちょっとキモチわるいです〜(T . T)

あ〜あ、せっかくサッパリしてたのになぁ(; ̄ェ ̄)




ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをよろしくお願いします(*^▽^*)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村





東北の思い出



今月の「トランヴェール」です。
「トランヴェール」は新幹線の座席に備え付けられているJR東日本のフリーペーパーですね。
新幹線沿線を中心にJR東日本管内の観光案内が載っています。

表紙は毎回イラストなんですが、まるで写真のように写実的です。
今回は宮城の特集ですので、イラストは松島の夕陽の風景でしょうか。
黄金に輝いていますね。

とりよたはこの松島の黄金の夕日を実際に見たことがあります。
まだ新婚の頃、初めての転勤で水戸に引っ越した年の夏に、二人で松島方面に旅行に行きました。

水戸から海沿いの国道6号線をひたすら北を目指してクルマを走らせました。
のどかに広がる海沿いの風景は、海無し県の群馬で育った二人にはとても新鮮でした。

仙台や塩釜、松島を観光して、宿にしたのは奥松島の月浜海岸の民宿でした。
その民宿は漁師さんが経営していて、食事はその日の朝に獲ってきた新鮮な魚介類がふんだんに盛り付けられていて、ちょうど旬だったウニは殻がついたまま大皿にこぼれそうになるくらい。
こんなに美味しい魚介類を食べたのは、後にも先にもこの時以来経験がありません。
その漁師さんのご家族もいい方で、ここに来て本当によかったと思いました。

その奥松島に向かう道の途中に展望台があり、そこに登るとちょうど夕陽が松島の島々を金色に照らしていて、今まで見たこともない幻想的な光景に、しばらく二人で見とれてしまいました。

その思い出はいつまでも美しいままであったはずだったのですが、それから20年近くたって、あの東日本大震災が発生しました。
あの時クルマで通ったのどかな海沿いの風景は大津波に飲み込まれ、その後の原発事故で今も人が立ち入ることができないところもあります。

あの民宿がどうなったのかずっと心配していたのですが、震災後相当たってから恐る恐るグーグルマップの航空写真をひらいたら・・・
民宿があった場所には何も無くなっていました。
予想していたとはいえ、見たことを後悔しましたし、ひどく悲しい気持ちになりました。
あの漁師さんご家族はどうなって、今どうしているのか、とても心配で心が痛む気持ちでいますが、とりよたには知る術もなく今でもただご無事を祈るだけです。

ですから、この「トランヴェール」の表紙を見た時、その時の感動と、その後の悲しい出来事が同時に胸にこみ上げて、この黄金のイラストをジッと見つめたまま、東北に向かう新幹線に揺られることしかできませんでした。




ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをよろしくお願いします(*^▽^*)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村





迷惑な乗客(座席に荷物を置く編)

最近、仕事が落ち着いてきたこともあって、早く帰れるときは早く帰るようにしています。
こんなこと滅多にありませんからね(*^o^*)

早く帰るのはいいんですが、この時間の新幹線は結構混みます。
新幹線ホームに着くと、予想通りの混雑ぶりでした( ;´Д`)

自由席は東京駅発車の下り列車の場合は後ろよりの車両になります。
こんなときは大体、比較的すいている最後尾の1号車に乗るとが多いですね。

混雑しているときに迷惑なのが座席を必要以上に占拠することです。
自由席は座席指定がなく、どこに座るか自由、ということなんですが、座席を自由に使っていい、と勘違いしている人が多いようです。

こんなときに座席を回転させるなんて論外です。
20160324迷惑な乗客(座席を回転させる編)

ここまでではないにしろ、よく見かけるのは座席に荷物を置いている人。
これは本当に多いです( ̄Д ̄)ノ
今日の車内です↓
20160627190331eee.jpeg

前の座席の方はバッグを座席においています。
対して後ろの方は網棚に荷物を置いて隣の座席はキチンと空けておいていますね。

車内アナウンスでも「自由席が混んでまいりました。座席の上にお荷物を置いているお客様は、お荷物を整理されて網棚かお足元に置いて、一人でも多くのお客様が席をご利用できますようご協力をお願いします」と言っていることも多いのですが、これを聞いても知らんぷりの輩も(♯`∧´)

さらには荷物を置いたまま寝たフリの人も。
隣に人を座らせたくないのがミエミエです。

隣に人がいない方がゆったりできるのはわかりますが、ここは公共交通機関です。
常識を持って譲り合いましょう。

声をかけられて、仕方なく荷物をどかす人もいますが、そもそも普通の電車で座席に荷物を置きますか?
それ自体が非常識で迷惑だということに気づいて欲しいものです。

こういうマナー違反は通勤電車ではこれほどまでに見かけることはないのですが、新幹線になるとどうしてこうなるのでしょうね。
・・・スミマセン。今日も小言ジジイになってしまいました(T . T)





ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをよろしくお願いします(*^▽^*)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村





北関東のクルマ事情

とりよたの住んでいる栃木県は北関東にあります。
北関東は、群馬県と栃木県、茨城県の3県ですね。

とりよたは群馬で生まれ育ち、茨城の水戸に5年間住んで、今は栃木の宇都宮で生活しています。
つまり北関東3県全部住んだことがあります。

北関東は早くからクルマ社会が発達していました。
公共交通機関はあるにはあるんですが、ほとんどの人がマイカーを使って移動する習慣があります。

通勤はもちろん、近くのスーパーやコンビニに買い物に行くにもフツウにクルマです。
電車やバスは運転免許のない高校生やお年寄りが使う印象ですね。

群馬の伊勢崎に住んでいたころ、何かの機会で休日に路線バスに乗ったことがあったんですが、乗客は全員外国人で、それもターバンを巻いたインド人ばかり(@_@)
異様な光景に、隅っこで小さくなって乗っていたことがありました。

富士重工等の工場の集積した地域だったので、その関係の外国人労働者が多かったんです。
同じ群馬ではブラジル人が多い大泉も有名ですね。

で、その北関東では、どの家も最低2台はクルマを持っています。
大人1人あたり1台です。

2世帯で住んでいるような大人が多い家ではそれ以上の場合も多いですね。
ちなみにとりよたの家のお隣さんの家は4台です。

ですから住宅もクルマ2台の駐車スペースがあることが必須条件。
アパートも2台分を確保できないと借りる人がいなくなってしまいます。

とりよたもこんな感じでこの辺りでは当たり前の2台です。
主に自分で使うものと、妻が使うものですね。

とりよたは昔から洗車は大好きでした。
自分でピカピカにするのがなんとも気持ちいいんですね。

ですが、最近は2台も洗車する体力が・・・(;´Д`)
ちょっと妻のクルマの洗車をさぼっていました(ごめんね)

妻のクルマはホンダのステップワゴン。
購入以来、毎日の通勤や買い物だけでなく、子供たちの部活の遠征や自転車をのせて送り迎えしたり、キャンプやスキーなんかのレジャー、それに長男の一人暮らしの引っ越し、などなど本当に大活躍してくれました。

ですが・・・大きくて洗車が大変なんです(~_~)
最近ではガソリンスタンドで洗ってもらうことが多くなっていました。

ガソリンスタンドでは手洗い洗車ですが、やっぱり自分でやらないとダメですね。
↓の写真ではよくわからないかもしれませんが、細かなキズや雨ジミが目立つようになってしまいました(T_T)

DSC_0291_convert_20160626120056.jpg

これを見て決心しました。
ピカピカにして見せる、と(*`へ´*)

ですが、ちょっとやそっとでは無理みたいです。
そこで体力を機械で補うことにしました。

DSC_0294_convert_20160626120210.jpg

前々から欲しかったんですよね~
洗車好きの憧れ、ポリッシャーです(#^.^#)

洗車用品は大体「洗車の王国」さんのものを使ってます。
少し割高ですが、プロ仕様のものを使いやすくしたものが多く、クオリティーが高いので気に入って使ってます。

本格的にマスキングをして、説明書どおりに作業を進めます。

DSC_0293_convert_20160626120254.jpg

結構本格的ですが非常に使いやすくて簡単です!(^^)!
細かなキズがなくなってピカピカ状態になっていきます\(^o^)/

ポリッシャーで磨き終えてから、さらに洗車とコーティング、タイヤにもワックスがけを。
ここでも「洗車の王国」さんの製品を使用してます。

DSC_0190_convert_20160626130729.jpg

見事に復活しました。
ピカピカです~

DSC_0295_convert_20160626120353.jpg

久々にいい仕事をしちゃったな~
思いっきり自己満足ですけどね(^^ゞ


ちなみに「洗車の王国」さんの情報は↓です。






ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをよろしくお願いします(*^▽^*)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村







神保町で

書籍の街として有名な神保町は、とりよたの職場のある九段下から地下鉄で一駅、徒歩でも数分のところにあります。
出版社系の書店や古書店が軒を連ね、日本で最も本が集まっている場所ではないでしょうか。
古書店もそれぞれ独自のマニアックな品揃えで、一日中ブラブラしても飽きませんよね( ´ ▽ ` )ノ

↓は有名な矢口書店さんです。
映画やドラマ、CMなんかでもよくロケに使われてますよね。


今月の始め、とりよたはこの神保町である雑誌を探し回りました。
それは・・・
月刊フラワーズ7月号
女性向けの漫画雑誌ですね。

ニュースでも取り上げられたのでご存知の方も多いかもしれません。
萩尾望都先生の「ポーの一族」の40年ぶりの続編が掲載されました。
異常な人気で、漫画雑誌としては異例の重版となったものです。

とりよたはこの「ポーの一族」は読んだことがありませんが、漫画少女だった妻はドストライクな世代です。
萩尾望都先生というだけでテンションMAX。
「ポーの一族」の続編と聞いて目がウルウル。
さらに「トーマの心臓」のスピンオフ、とどめに「萩尾望都先生と山岸凉子先生のプレミアム対談」でついに正気を失いました(チョット大げさです)

まあこんなくらいですから読ませてあげたいと思いましたが・・・
どこ行っても売り切れなんです〜( ̄O ̄;)

発売後、すぐに売り切れたということですが、さすがに重版したので、ちょっと探せば見つかるだろうと甘く考えてたのが失敗のもと。
いくつも宇都宮市内の書店に電話したんですが、重版分も入荷してすぐに売り切れたとのこと。

この時点でも、神保町に行けば見つかるだろう、なんて甘く考えていましたが・・・
どこにもありません(T . T)
結局2日間昼休みをコレに費やしてしまいましたが、結局神保町でも見つかりませんでした。
萩尾望都、恐るべし(O_O)

それからさらに探しまわって、ついに

201606240753218ac.jpeg

やっと手に入れることができました。
妻も大喜びです\(^o^)/

妻は漫画少女だった頃を思い出して夢中で読んでいたようです。
あまりに夢中になって・・・とりよたが話しかけても返事もしないくらい(;^_^A
ぜんぜんかまってくれませんでした( ;´Д`)

頑張って探してよかったような悪かったような・・・σ(^_^;)



ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをよろしくお願いします。(*^▽^*)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村







あじさい祭り

今日は休暇を取りました。
妻と日にちを合わせて、二人でどこか行こうかと考えてたのですが・・・
朝から大雨でした(T_T)

まあ、梅雨ですから仕方ないですね。
せっかく二人で休暇を取ったのにどこも行けないかな、と思ってたら昼頃に雨が上がりました(*^^)v
で、あまり時間もないので近場に出かけることに。

宇都宮市の隣の鹿沼市の磯山神社のあじさい祭りに出かけました。

DSC_3766_convert_20160623221935.jpg

田んぼの真ん中にある神社ですが、参道の両脇にたくさんのあじさいが植えられています。

DSC_9474_convert_20160623222622.jpg

平日の午後でしたが、結構人が来ていました。

DSC_3660_convert_20160623222053.jpg

このあじさいは氏子さんたちが大切に手入れをしているということです。
あじさいは・・・ちょっと時期が遅かったかもしれません。
状態のいいものを探して写真を撮りました。

DSC_9257_convert_20160623222230.jpg

参道を進んでいくと階段があり、その上からの眺めがイイですね。

DSC_9356_convert_20160623222307.jpg

あじさいにピントを合わせてもう一枚。

DSC_9380_convert_20160623222401.jpg

雲の合間から日が差してきましたが、ここは杉並木の参道なので比較的涼しかったです。
二人でのんびり写真を撮って、今回の短い休暇は終わりました。



ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをよろしくお願いします。(*^▽^*)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村




ちょっとだけ気分を変えて

東京は今日も梅雨らしくどんよりした曇り空です。
東西線の大手町駅から東京駅までは、普段は地下道を通るのですが、こんな天気の日は地下道は大変混雑します。
普段はもっと遅い時間なんですが、今日は少し早かったので混雑のピークの時間にあたってしまったようです。

この地下道ですが、現在リニューアル工事中なんですね。
壁は養生されて通路が狭くなっていて、天井もむき出しで網がかかっている状態。
ただでさえ圧迫感があるのにこの混雑です(~_~;)

雨は降っていないようでしたので、今日は地上に出て歩くことにしました。
普段は狭い地下道を通っているのであまり意識はなかったのですが、ここ丸の内は日本の経済の中心地なんですね。
建物は全部高層ビルです(当たり前か)

201606221853060ef.jpeg

一体どれくらいの人を飲み込んでいるのでしょうね(O_O)

大手町駅から東京駅まではほんの数分です。
こんな曇りの天気でも、やっぱり外の方がいいですね。
行幸通りに入るとすぐに赤レンガの駅舎が見えます。

2016062218530355f.jpeg

丸の内は上を見上げると高層ビルばかり見えるのですが、東京駅の周りだけ広い空が広がっています。
今日は曇り空ですけど;^_^A

近代的なビルとレトロな駅舎。
不思議な調和です。

20160622185304ffb.jpeg

丸の内北口に到着です。
ここからいつもの新幹線ホームに向かいました。

普段とは違った帰り道。
ちょっとだけ気分を変えて。



ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをよろしくお願いします。(*^▽^*)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村




健康診断



北陸新幹線で運行されているE7系です。
男前ですね〜( ´ ▽ ` )ノ

今日も頑張って早く帰ることにしました。
このところ仕事も落ち着いてきたこともありますが、明日、会社の健康診断があるので、食事を早めに済まさなくてはならないからです。

昨日の記事で、10代の頃からGパンのサイズが変わっていないと書きました。
大学までやっていたスポーツをやめて、筋肉はめっきり落ちてしまいましたが、今までウエストサイズはほとんど変わっていません。
特に運動をしているわけでも、ダイエットしているわけでもなく、お酒だって毎日欠かさず飲んでいるし、甘いものだって大好きなんですが;^_^A

健康診断や人間ドックでも、今までほとんど毎回オールAでした。
特に気をつけているわけでもないのに、自分でも不思議です。

ただ1つ思い当たることは、妻が毎回の食事に気を使ってくれていることです。
それも妻は自分でも仕事を持ってながら、朝は早く起きてお弁当を作ってくれて、夜もとりよたよりも早く帰って夕食の支度をしてくれています。
とりよたは毎日遠距離通勤をして、ストレスフルな業界で仕事をしていますが、こんな妻の支えがあればこそ体調も仕事も順調でいられるのです。
本当に感謝です。

今日もいつものように新幹線ホームから帰るコールしましたが、もう夕食の支度をしているとのこと。
とりよたは今日もまっすぐ帰宅です(*^_^*)


ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをよろしくお願いします。(*^▽^*)


にほんブログ村


サラリーマン ブログランキングへ




本物へのコダワリ

休日のとりよたは、必ずGパンを穿いています。
ジーンズなんてこじゃれた言い方はしません。
Gパンです(♯`∧´)
まあ、昔は普通にジーンズと言っていましたが(〃ノωノ)

先日も書きましたが、とりよたはモノにこだわるところがあって、気に入ったものはとことん長く使います。
20160616相棒
Gパンもその一つです。
まあ、衣料品で消耗品であるため、同じモノを使い続けることはできないので、Gパンの場合は「同じ銘柄」ということになります。

とりよたがいつも穿いているのはリーバイス501です。
10代のころから他のGパンは穿いたことがありません。
「本物」だからというコダワリがあります。

ちょっと語弊があるかもしれませんが、Gパンはすべて、リーバイス501のコピー商品なんです。
Gパンは約150年前にリーバイスが最初に作りました。
当時は「ウエストオーバーオール」と呼ばれ、主に炭鉱労働者などの作業着だったそうです。
そのころから501は商品として存在していたのですが、時代と共にディテールが変化してきました。

でも、今ふつうに売っている501、というならコダワリではありません。

↓は最近の普段穿きにしているモノです。

DSC_9244_convert_20160619130305.jpg

果たしてコレだけでわかる方がいるでしょうか(*´ω`*)

写真の501は「赤耳」と呼ばれるもので、1986年まで製造されていたモノです。
裾を見ていただくと縫い合わせの部分に、生地の耳が使われていますね。
耳には赤い糸が通っていたので「赤耳」と呼ばれていますが、大量生産に対応するため幅の広い生地を使うことになって廃止になったディテールです。
なぜ赤い糸だったかというと、生地の製造会社がリーバイス社へ納品するものを区別するための目印だったんですね。

この「赤耳」までがいわゆるビンテージジーンズと呼ばれているようです。
ここ15年は「赤耳」ばかり普段穿きにしてますが、もちろん1本ではありません。
15年くらいの間で6本くらいになります。
古着屋さんやネットオークションで掘り出し物を見つけては買ってきました。
最近は数が本当に少なくなってしまい、探すのに苦労するようになりました(ノ_<)

でも、これだけでは本当のコダワリとは言えません(;゜0゜)
他にも501のビンテージジーンズを穿いているんです。
例えば↓

DSC_9236_convert_20160619130404.jpg

501XX(ダブルエックス)の1947年モデル。
第二次大戦後の最初のモデルで、ウエスト部分のラベル(パッチ)が革製です。

DSC_9237_convert_20160619130509.jpg


革パッチは洗うと写真のように変形してすぐに取れてしまうために、1955年に紙製に変更されました。
戦後のアメリカが繁栄を極めるころのもので、Gパン好きにはたまらないモノですね。
これ以外にも1950年代~1970年代の501を何本か持っています。

Gパンのついでにこんなモノも↓

DSC_9238_convert_20160619130604.jpg

リーバイス506XX
ファーストと呼ばれるGジャンです。
上の1947年モデルと同年代のモノですが、作りはまだ作業着のままのようです。
その後、1952年に507XX(セカンド)にモデルチェンジして姿を消しました。
ちなみに507XXも1着持ってます(*´ω`*)

これらのビンテージジーンズは、今までマメに古着屋やネットで掘り出し物を探して買ってきたものです。
デットストックと呼ばれる未使用の状態のモノもありますが、ほとんどは古着です。
古着屋は宇都宮だけでなく、東京の原宿や渋谷、アメ横、実家のある群馬では高崎、水戸に住んでいたころは土浦、つくば・・・
よくまあ行きましたね~(//>ω<)
古着ですので、売られているのは状態もサイズも正に一点モノで、まるで宝さがししているようで楽しいです(*^▽^*)
ただ、最近はいいモノがめっきり少なくなってしまいました(;´Д`)

「ビンテージレプリカ」やリーバイス自身が作る「復刻」には全く興味がありません。
あくまで「本物」にコダワリがあるのです。
イイものもあることは認めますが、それでも「本物」持つ圧倒的な存在感には全くかないません。

ここで重要なことにお気づきでしょうか。
とりよたは今年で50歳になりましたが、10代の頃からGパンのサイズがずっ~と変わっていないんです('◇')ゞ
なので、昔買ったモノでも今全部穿くことができるんですね。
すごいでしょ(*^^)v



ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをよろしくお願いします。(*^▽^*)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村



フリーエリア

プロフィール

とりよた

Author:とりよた
偶然か、運命のいたずらか、縁もゆかりもなかった宇都宮に定住し、諸々の事情で都内まで新幹線通勤して早10年以上。都会で仕事して田舎暮らしするのにも大分慣れてきた今日この頃です。

コメント大歓迎、リンクフリーです(*^^)v


サラリーマン ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア