「日本橋口」利用のススメ



金曜日の東京駅は混みます。どこも人だらけで、駅構内では人にぶつからないように気を使いながら新幹線ホームを目指すことになります(´Д` )
もちろん新幹線もいつも以上に混み合います。
仕方ありませんが、一週間全力で駆け抜けた金曜日は、心身ともにヘトヘトになっての帰宅ですから、混雑がいつも以上に身にしみます(-。-;
こういう時はグリーン車で帰る手もありますが、もちろん別料金ですので、そうそう気軽には使えませんよね(;^_^A

ですが、日本橋口だけは、ここが金曜日の東京駅とは信じられないくらいガラガラなんです。

201609301915422d0.jpeg

以前も書きましたが、日本橋口は8:30〜19:30までの間開いている改札口で、とりよたは普段ここを使って通勤しています。
写真の通り、ほとんど人がいませんよね(;^_^A
一応、券売機もありますので、事前に乗車券類を買わなくても利用することはできます。

他の改札口では混んでいるトイレだって滅多に順番待ちすることもありません。

2016093019154396c.jpeg


階段を上ってホームに出れば、すぐに新幹線がお出迎え。

20160930191545fd6.jpeg


新幹線と夜景を一緒に撮れるのも、この付近からだけです。

20160930191547f38.jpeg


23番線からはお隣の東海道新幹線もこんな感じに見えます。
N700Aですね〜

2016093019160845d.jpeg


ですが日本橋口にはエレベーターやエスカレーターがありません。
大きな荷物がある場合は、それを抱えて階段を上らなければなりません。
また、もし指定席が後方の車両の場合は、ホームを結構歩くことになります。

これにはちょっと注意が必要かもしれませんね。




サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村





スポンサーサイト

銀河鉄道に乗って



今日の19時30分頃の東京駅22番線から撮影しました。
この時間帯はまだまだ列車も多く、絶え間なく新幹線が闇からやってきてはホームを埋めています。

東京駅周辺は夜空を見上げても星空は見えません。
空が明るいからですね。

でも、東京駅を発車してほんの20分くらい、大宮駅をすぎた頃になるとあたりは真っ暗になります。
車窓からは夜空の星はよく見えないのですが、よく晴れた日はきっと星空をかける銀河鉄道のようかもしれませんね。

新幹線通勤を始めたのは、家族のために転職をしたためです。
当時は子供たちもまだ幼く、一人で家を守る妻にも心細い思いをさせることになったのですが、それでもどうしても転職する事情があって、30代のとりよたは一大決心して今の職場に飛び込んでいきました。

それから10年以上たって、子供たちもずいぶんと頼もしくなりました。
妻も家庭を守るだけでなく、自分の仕事も持つようになり、充実した毎日を送っています。
とりよたはというと、最初は大変だった新幹線での長距離通勤も、今ではすっかり慣れて、車内でこんなブログを書けるようになりました。

当初の願いどおり、家族も少しは幸せになっているようです。

今日も帰りの新幹線は真っ暗な関東平野を走り抜けています。
そうそう、東北新幹線は宮沢賢治がすごした岩手県も走っていますよね。
もし宮沢賢治が生前にこの新幹線を見ていたら、きっと第5次稿で銀河鉄道はエメラルドグリーンに描かれていたでしょうね。

そんな空想をしながら今日も帰宅です。
カムパネルラはいませんけど、いろいろな人が乗り合わせているこの銀河鉄道で。

家族の「ほんとうのさいわい」のために。



ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをお願いします(*^▽^*)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村







新幹線と丸ノ内の夜景と



新幹線ホーム20・21番線の日本橋口付近から見た風景です。
この位置だと架線がちょっと邪魔ですが、この場所からは丸ビルや新丸ビルと新幹線がワンフレームに写ります。

東京駅からは屋根があったりして、意外にもホームからは丸ノ内のビルが見えません。
ですが、新幹線ホームは在来線のホームからは一段高い位置にあり、その一番端の20番線からはこんな風に見えるんですね。
まあ、普段はあまり見上げたりせずに家路を急ぎますので、あまり気にして見たりしてないんですけどね(;^_^A

新幹線に乗れば、ほんの数十分で車窓の風景は田園風景に。
もちろん宇都宮の自宅周辺ものどかな場所で、数分歩けば田んぼや畑、さらには山林が広がっています。
住む場所と職場は環境も違えば、距離も100㎞も離れているんですね。

ですから、ONとOFFの気持ちの切り替えは比較的簡単。
もっと言うと、物理的にも精神的にも仕事とプライベートを強制的に切り替えられます。
以前も書きましたが、今の仕事は精神的に神経をすり減らすことが多いのですが、このおかげで仕事を家まで引きずることが少なく済んでいるように思います。

それに、最近はこのブログを書くようになって、ますます気持ちの区切りがつくようになったような(^ ^)
今日も新幹線でブログを書きながら、帰宅しているところです。



ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをお願いします(*^▽^*)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村





宇都宮駅から「帰るコール」




新幹線通勤を始める前から、帰宅のときは必ず「帰るコール」してました。
以前にも書きました(;^_^A
「今ここメール」と「帰るコール」
カード電話

ついさっき、地下鉄に乗る前に妻に帰るコールしたところですが、そういえば以前は駅には公衆電話がたくさんあって、そこから電話してました。
その公衆電話ですが、今はめっきり見ることがなくなりました。

試しに東京駅で探してみました。
確か新幹線通勤を始めた10年くらい前は新幹線改札口前にはカード電話がズラリと並んでいたはずですが・・・
北改札口付近には見当たりません(´Д` )

次に南改札口に行きましたが・・・やっとあったのが写真のカード電話。
改装中の壁ぎわになんとも目立たない状態で置かれていました。
もちろん誰も使っていません。

今は小さな子供からお年寄りまで、外国人旅行客ですらほとんどの人が携帯やスマホを持っている時代です。
公衆電話は必要とされないのかもしれませんね。

とりよたが携帯を始めて持ったも、帰るコールのように妻との連絡用のためでした。
始めて携帯は今から20年前のアナログ式の「ムーバ」でした。
それまではポケベルを持ってましたが、思い切って携帯にしたのでしたV(^_^)V
まだ誰も周りに携帯を持っている人がいない時代でした。

この頃は水戸に住んでいましたが、まだまだ通話エリアも限られていましたし、アナログですから雑音が入ったり、急に切れたり(;^_^A
電池も待ち受けがほとんどでも1日持つかどうかですから、常に予備電池を持ち歩く状態。
それに大きくて重い(´Д` )
確か機械も通話料もバカ高で、特に機械はレンタルで2年くらいしてから安く買い取るというようなシステムでした。

当時はどこでも電話ができる携帯にびっくりでしたが、そんな時代からすると、今のスマホはまるでSFの世界ですよね。

以前の記事に書きましたが、妻とは今でも毎日マメに連絡を取り合っています。
もちろん長距離通勤なので、なるべく妻に心配をかけないようにですが、考えてみると結婚前からタイミングさえあればマメに電話してました。
結婚前はデートした日でも家に帰れば必ず電話してましたし、学生時代にはアルバイトでどんなに遅くなっても妻はとりよたの電話を待っていてくれました。
もうそれが普通だったんですね。
今でも当時の電話番号を覚えてますし、それどころかその番号のプッシュ音も鮮明に耳に残っています。

彼女は電話に出るときには必ず「ハイ、 〇〇(旧姓)です」と出ていました。
それを聞くと胸がキュンとした記憶があります。

結婚した後も妻には欠かさずに「帰るコール」していましたが、妻が電話に出るときは「ハイ、**(とりよたの姓)です」に変わりました。
結婚したんだなぁ、と実感して、違った意味で胸がキュンとした記憶があります。
スマホじゃ電話に出ても名乗ることもないですし、今はメールやラインやらで通話以外の方法も多様にありますから、こういう経験は今の人たちにはできないかもしれませんね(;^_^A

今、帰りの新幹線のなかですが、妻とは何度も メールでやりとりしながらこれを書いています。
もうすぐ宇都宮駅に到着しますが、ホームに降りればいつものように「帰るコール」です( ^ω^ )

「あ、もしもし、宇都宮駅に着いたよ・・・」



ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをお願いします(#^^#)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村




台風と新幹線通勤



今週の通勤も今日で終わり。
連休中でしたが、その分仕事も自ずと密度が濃くなりまますから喜んでばかりはいられませんね。
疲れ気味で帰宅するのはいつもの金曜日と同じです(-。-;

台風が来たりして、今週は雨の一週間で、毎日傘が手放せませんでした。
今年は台風が本当に多いように感じてしまいます。
台風で被害に遭われた方々には謹んでお見舞い申し上げます。

台風が接近すると大抵の交通機関は乱れるもので、新幹線も例外ではありません。
それどころか、長距離列車であるがゆえに、遠い場所での影響が全体の運行遅延につながることになります。
幸い今年は今のところあまり通勤に影響がありませんが、もし新幹線が運転見合わせとなったら通勤は不可能となります。

朝の出勤のときに運転見合わせとなったらもうお手上げです。
ジタバタしても仕方ありませんので、復旧するまで待つしかありません。
まあ、こんなときはどうしようもないので焦っても仕方ないですね。

ですが、帰りになるとちょっと焦ってしまいます。
家に帰れないって結構プレッシャーです。
もし帰れない場合はそのまま次の日出勤しなければなりません。
そんな日はホテルなんかも大抵満室ですから、最悪の場合、駅で夜を明かして出勤する羽目になります(´Д` )

過去、とりよたが帰れなくなったのは東日本大震災の日だけでしたが、台風でも一度帰れなくなりそうなことがありました。
その日は帰宅時間帯に台風が首都圏を直撃しましたが、たまたま仕事で遅くなってしまい、暴風雨の中ようやく東京駅にたどり着き新幹線に乗りました。
ですが・・・いつまでたっても発車しません。
車内放送によると架線に飛来物が当たって破損しているとのことで、全線運転見合わせ。
復旧作業中ということでしたのでしばらく待ちましたが、2時間くらいしてからの車内放送では復旧の見込みが立たないとのこと。
仕方なく新幹線での帰宅を断念して在来線の宇都宮線で帰ることにしました。

在来線も台風の影響で普段より大幅に遅れて、宇都宮駅に着いたのは午前2時過ぎ。
結局家にたどり着いたのは午前3時くらいでした。

それでも家に帰れるか帰れないかでは天と地ほどの違いがありますので、帰れただけでもよかったです。
ただ宇都宮駅に着いた時にショックなことが。
着いたときにはとっくに新幹線が復旧していて、とりよたが断念して降りた列車もとっくに宇都宮駅を通過していたんですね〜〜

もちろんその数時間後には、体力的にも精神的にもクタクタのまま、いつもの新幹線に乗って出勤しました(; ̄ェ ̄)




ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをお願いします(*^▽^*)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村







迷惑な乗客(席を回転させて靴を脱いで座席を占領編)

前回の、テクマクマヤコン!!、の記事には、皆さまから過去最高の数の拍手をいただきました(*^^*)

で、今日の乗客は・・・

通路を挟んだ隣の乗客です。
みなさんはどう思いますか?



確かに車内は空いていますが、あまりにワガママじゃありませんか?
ただでさえ靴を脱ぐのはニオイが迷惑ですし、そのムレた足を座席に乗せたら次の乗客が迷惑。
座席を6つも占領してビールを飲んでいます。

ここはあなたの家ではなく、公共交通機関のなかですよ(-。-;



ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをお願いします(*^▽^*)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村







とりよたの「愛車遍歴」その3

また前回からだいぶ間が空いてしまいました。
前回の記事はこちらから→とりよたの「愛車遍歴」その2

レガシィツーリングワゴン、BG5の初期型を新車で買ってから9年が経過しようとしていました。
バスフィッシングにスキーやキャンプ、ドライブや旅行、買い物まで、本当に大活躍でしたが、このタイプの弱点のオイル漏れが発生。
加えてベルト類やバッテリー、タイヤ等も交換時期になっていましたので、次回の車検では出費をせまられることは必至です。
車検を目前にして買い替えを決断しました。

妻のクルマもスバルのプレオにしていましたし、スバルの水平対向エンジンには惚れ込んでいたので、当然次もスバル車、もちろんレガシィを、と思っていたのですが、ちょっとしたことでスバル車とは縁がなくなってしまいました。

その数ヶ月前のこと。妻がプレオの車検でスバルディーラーに相談に行ったのですが、どうも軽の女性客で軽く見られたみたいで、対応がすごく悪かったらしく、珍しくプンプンで帰ってきました。
話を聞けば、長い付き合いをしてきたのに随分な対応です。上司にでも苦情を言おうかと名前を聞いたら店長とのこと(-。-;
当時のレガシィも新鮮さがなくなってしまっていましたので、候補からはすぐに脱落。

当時は既にミニバンが流行っていましたが、まだそれには抵抗がありました。
かといってセダンに乗る気にはなれず(~_~;)
キャンプやスキーといった用途だから、やっぱりステーションワゴンかな、なんて漠然と考えているうちに車検が迫ってきました。

そうしたある土曜日、家から比較的近いヤナセの前を通りかかると、認定中古車の大々的なキャンペーンをやっていました。
それまで輸入車なんて考えたこともなかったのですが、試しに見てみることに。
すると一台のメルセデスに目が止ました。

走行距離は僅か1万4千km
屋内ガレージ保管だったらしく内外装とも本当にキレイに乗られていたみたい。
もちろん禁煙車(*^^*)
イベントのために程度の良いクルマを全国のヤナセから集めてきたということでした。

試乗してすぐに気持ちが決まりました。
中古車は学生時代に買ったプレリュード以来でしたが、そんなことはどうでもよくなっていました。
セールスには商談中にしてもらって、一旦家に戻って妻に相談。
いきなりメルセデスと聞いて妻もビックリ。
次の日の日曜日には家族全員で試乗して、契約してしまいました。



とりよた40歳にして初めての輸入車。
メルセデス・ベンツ C200 コンプレッサー ワゴン
W203の初期型です。
ついでに初めてのカーナビ付きです(*^^*)

とりよたのこだわりだった、2ドア、MT、サンルーフ、はもはや1つもありません(;^_^A
ですが、メルセデスって中古のCクラス程度でも乗ってて満足感が違うんですね。
もしかすると新車でもよかったのかもしれませんが、初めてののメルセデスで新車というのもちょっと気が引けてしまって・・・根っからの庶民ですからf^_^;)

実はこの前年に転職をして新幹線通勤を始めました。
まだ詳しくは書けませんが、新幹線通勤を始めたのは家族の幸せのためでしたが、最初はみんな苦労しました。
1年経ってようやく家族もこの生活に慣れてきましたし、収入も前職からは大幅に増えたこともあって、メルセデスにしたのは自分へのご褒美のつもりでしたが、とりよた以上に子供たちが喜んでいましたし、助手席に乗った妻もなんだか嬉しそう。
家族みんなのご褒美になったみたいです。


このCクラスにも思い出がたくさんありましたが、そのエピソードはまた次回。



ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをお願いします(*^▽^*)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村





新幹線で テクマクマヤコン!!

朝の新幹線の中では、みなさん思い思いの過ごし方をしています。
うたた寝したり、新聞を読んだり、スマホをいじったり。
なかには朝食をここで済ませる人→新幹線で朝食を

女性には座席でお化粧する人もいます→車内の迷惑な人(お化粧編)

電車でお化粧するのはエチケット違反ですね。
常識のある女性は普通やりません。
一時期は東京の地下鉄ではよく見かけましたが、最近はよほど非常識そうな人以外はあまり見かけなくなりましたよね。
ですが新幹線ではまだ見かけることが多いのです。

最近の新幹線には、女性の意見を反映して、通路からカーテンで仕切れる洗面台や、女性専用のパウダールームとして利用できる洗面台が設置されています。
↓はとりよたがいつも乗っているE6系の例です。
わかりづらいかもしれませんが、カーテンで通路から仕切って個室になります。
20160906184211292.jpeg



常識ある女性はそもそも家でお化粧するんですが、もしお化粧直しするならここでできますよね。
朝は忙しいとは思いますが、何も女性としての品格を捨ててまでお顔を描くことはないんじゃ?と思うんですが(⌒-⌒; )

今朝も小山駅からこの女性が乗ってきました。
とりよたの隣に座るなり、ひみつのアッコちゃんに出てくるみたいなキラキラしたコンパクトを取り出してお化粧です。
いつも通路側の席でやるもんだから他の乗客から丸見え。
それでもおかまいなく、いつものように口をあんぐり開けてビューラーなんかしてます( ̄O ̄;)

あれはやっぱり魔法のコンパクトなんでしょう。
テクマクマヤコン!!
数分で変身完了ですf^_^;)

でもね、お嬢さん、
アッコちゃんは人前では絶対に魔法のコンパクトは使わなかったんですよ。



ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをお願いします(*^▽^*)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村




中島潔展に行ってきました

日曜日の昨日、妻と二人で小杉放庵記念日光美術館に中島潔展を観てきました。
以前のも書きましたが、妻と二人でよく美術展に行きます。
足利市でぶらりと

DSC_0598_convert_20160904201522.jpg

ここは日光出身の日本画家の小杉放庵を記念した美術館で、日光東照宮のすぐ近くにあります。
宇都宮の自宅からはクルマで30分くらい。

実はこの中島潔展、昨日が最終日でした。
いつもながらギリギリですねf^_^;)

とりよたは中島潔さんの作品はなんとなく知っている程度でした。
それもNHKの「みんなのうた」で観ていた印象が強く、今までずっとイラストなんだと思っていました。

DSC_0588_convert_20160904201256.jpg

実は日本画だと知ったのは、ここに来ると決めてパンフレットを読んだとき。
それでも実物を観るまで半信半疑でしたが・・・久々に感動しました。

「風の画家」と言われるように、作品には決まって風がふいていますが、それが人物や風景に動きや生命力を感じさせます。
人物も子供が多く、表情や仕草が本当にイキイキと輝いています。

何より驚いたのはその緻密な筆使い。
繊細な線を全く迷いもなくスッと走らせていて、それが自然に風にたなびくような、柔らかで優しい曲線を描いています。

今までイラストなんて思っていて、本当にすみません。
本当にお恥ずかしい限りですf^_^;)
皆さまも、機会がありましたらぜひ実物をご覧ください。


妻と二人でゆっくりと鑑賞して、その余韻を残したまま、美術鑑賞のもう1つのお楽しみ(*^^*)
美術館のラウンジに行きました。

妻は日光金谷ホテル特製アイスクリーム(o^^o)

DSC_0590_convert_20160904201346.jpg

バニラアイスなんですが、少し黄色いです。
卵の黄身がふんだんに入っているのでしょうか、とてもまろやかで美味しいです。

とりよたはコレ↓

DSC_0595_convert_20160904201445.jpg

抹茶セット、星のらくがん付き(*^^*)

「星のらくがん」はこの美術館特製ということです。
なんでも小杉放庵は自分の落款をワインボトルのデザインにするくらいお酒好きだったということで、その落款をかたどったらくがんなんだとか。

こうして、二人とも絵にもお茶にも大満足して美術館をあとにしました。


ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをお願いします(*^▽^*)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村







とりよたの「愛車遍歴」 番外編③

前回からずいぶん間があいてしまいました。
前回はこちらから↓
とりよたの「愛車遍歴」番外編②

新婚時代からずっと妻の愛車だったミラと突然お別れすることになってしまいましたが、ここ北関東ではクルマがないと生活できません。
もう一台のレガシィはとりよたが通勤で使っていたので、仕方なく次のクルマを探すことに。
追突してきた相手の保険でしばらくレンタカーを使いながら、週末は家族そろってディーラーまわりです。

使い勝手や経済性を考えて、次も軽にしようと候補を絞り込みました。
まずはダイハツのミラ。
乗っていたミラからは何回かモデルチェンジしていますが、なせかあまり新鮮さを感じられませんでした。

次の候補はホンダのライフ。
これもどうもしっくりしません。

最後はスバルのプレオ。
なぜミラやライフがしっくりこなかったのか、試乗してすぐにわかりました。
エンジンのフィーリングというか、スムーズさが違うんです。
実はこのプレオだけが4気筒エンジンで、ほかは3気筒でした。
それにプレオは「マイルドチャージ」という過給圧を抑えたスーパーチャージャーを搭載していて、そのうえミッションもCVT。
他はアクセルべた踏みの急加速をすると、振動や騒音が大きいうえ、トルク感がなくて思うような加速ができなかったのですが、プレオは同じような場合でもそこそこ余裕があり、加速はとっても滑らか。
お買い物クルマとはいえ、子供たちを乗せることを考えると少しでも運転に余裕があるほうがいいですよね。

もう決まりました。

プレオLM

プレオLM
660CC マイルドチャージ CVT
色はブルー

妻も概ね同じ意見でしたが、一つだけ不安そうにしていることがありました。
妻もMT派だったんです。
まあ、MTにこだわっているは、単にAT車を運転したことがなかっただけなんですけどね(;^ω^)

もちろんMTを選択することもできますが、子供たちを乗せるのですから、少しでも運転に余裕があるほうが安全です。
妻はずいぶん不安がっていましたが、納車されてすぐに慣れたようで、とりよたも一安心(#^.^#)
それにもう一台のクルマもスバル車ですから、付き合うディーラーも同じで効率よくなりました。

このプレオも普段の買い物や子供たちの習い事の送り迎え、比較的近場のドライブなどで大活躍してくれました。
買ったときは長男が小学1年生、次男はまだ3歳でしたので、親子4人で乗っても余裕がありましたが、1年2年とすぎて子供たちが大きくなるにつれ、だんだんクルマが小さくなってきました。

長男が中学校に上がり、部活や塾通いを始めると、部活の遠征で中学生たちをのせることもあったり、塾の送り迎えでは自転車を乗せる必要もあったりと、軽ではもう限界になっていました。

番外編も次回に続きます。



ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをお願いします(*^▽^*)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村





フリーエリア

プロフィール

とりよた

Author:とりよた
偶然か、運命のいたずらか、縁もゆかりもなかった宇都宮に定住し、諸々の事情で都内まで新幹線通勤して早10年以上。都会で仕事して田舎暮らしするのにも大分慣れてきた今日この頃です。

コメント大歓迎、リンクフリーです(*^^)v


サラリーマン ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア