長男の帰省で

5日ぶりの更新になってしまいました。
実は今週末は長男が帰省していたので、なかなかブログを開く時間がなくて(⌒-⌒; )

いつものように、とりよたの帰りの時間に合わせて東京駅で待ち合わせして、まずは食事です。
一人暮らしで普段そんなにいいモノを食べていないので、チョットスタミナをつけてあげるのもいつものことです。
長男とやまびこ号で

今回は、東京駅地下街のグランルーフにある、「伊達の牛タン本舗」にしました。
うなぎはチョットおサイフに厳しくて(;^_^A

20161031141008d91.jpeg

食事を済ませて新幹線で宇都宮に帰りました。
家に帰る途中、近くの酒屋でお酒を買うことに。
息子とお酒を飲むのはとりよたの夢でした(*^^*)
大奮発して、サントリーの白州なんか買っちゃいました(⌒-⌒; )

妻も普段以上に家事に気合いが入るのもいつものとおり。
手料理を作ってお迎えです。

その夜はチョット飲みすぎちゃったかも(;^_^A

で、次の日の土曜日は美容室に行かせて伸びきった髪を切らせたり、免許をとったばかりの長男の運転で服を買い込みに行ったり・・・

201610311410093cd.jpeg



日曜日の夜は家族4人揃って焼き肉に行きました。
久しぶりに家族全員で外食。
やっぱり飲みすぎちゃいました(⌒-⌒; )

201610311410106fb.jpeg


次男は来年から大学生になりますので、長男の大学生活の話には興味津々の様子。
しばらく2人の会話を聞いていたんですが、う~ん、チョット大人になったかなぁ。
なんて思ってたら、そのうちに子供の頃にテレビで見ていた戦隊ヒーローものの話に。
まるで小学生の兄弟みたいな会話σ(^_^;)
でも、なんだか昔と変わってなくて少し安心したような・・・

長男が1人暮らしを始めるまで当たり前だった家族全員での食事は、今ではとても特別で大切な時間になりました。
来年は次男も家を離れることのなっていますので、この大切な時間は今以上に特別なものになるでしょう。
親としてはさみしいのですが、息子たちが成長したのですから、喜ぶべきことなんでしょうね。
頭ではわかっているのですが・・・

調子に乗って次から次に注文して、最後には全員デザートまで。
レジに行って金額にビックリ。

この週末、チョットおサイフのひもをゆるめすぎちゃったかなぁ(;^_^A


そして今日、月曜日の朝に長男はとりよたと一緒に新幹線で東京に戻って行きました。
見送る妻がさびしそうにするのもいつものとおりです。

新幹線で東京駅に着くと、とりよたも長男とそこでお別れ。
次の特別で大切な時間は年末年始になりそうです。
じゃあ頑張れよ、とお互い手を振って別れました。

多分他の乗客が見たら、とりよたもさびしそうにしていたのかもしれません。
いやいや、さびしそうなのはこの週末チョットお金を使い過ぎちゃって、サイフの中身がさびしくなっちゃったからです。
多分・・・いやいや、絶対そうです。



ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをお願いします(#^^#)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村








スポンサーサイト

プロフェッショナルな仕事

20160303203243e5a.jpeg

毎日通勤で新幹線を利用していますが、いつも感心するのが東京駅での車内清掃作業。
作業員の方々は列車がホームに入る時には、事前に各持ち場に整列して、深々とお辞儀して列車をお迎えします。
列車から乗客全員が降りたことを確認すると、折り返しで発車するとほんの数分の限られた時間内でテキパキと清掃を行い、最後には整列してまた深々とお辞儀をして次の列車の清掃に向かいます。
なんでもこの清掃作業はハーバードビジネススクールの必須講座に取り上げられているとか。
まさに日本を代表するプロフェッショナルな仕事ですね。


とりよたはこの一週間くらい仕事で悩んでいました。
悩んでいたのはとりよたが最も苦手な仕事。
そうです。人事考課です( ;´Д`)

とりよたは仕事柄、どんなにややこしい輩を相手にしても、どんなに難しい仕事を任されても、いつもプロフェッショナルに淡々とこなすようにしています。
仕事がうまくいかなかったり、たとえ失敗したとしても、その仕事の反省や今後のための改善はしますが、あまりいつまでもクヨクヨすることはしません。
ですが・・・人事考課だけはダメですね。

みんな頑張ってくれましたし、それには応えたい。
ですが成果や頑張り度合いで評価に差をつけなければ公平ではありません。
かといって数字などで明確に比較できることばかりではなかったり。
管理職の主要な仕事とはわかっていますが・・・

とりよたはまだまだプロフェッショナルな仕事するにはほど遠いようです(-。-;



ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをお願いします(#^^#)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村







人間ドック

昨日は人間ドックに行ってきました。
とりよたの勤務する会社の健康保険組合では、年一回の健康診断のほかに人間ドックの受診が義務付けられています。
そんなこともあって、人間ドックは扶養家族の配偶者の分も含めてほぼ自己負担なしで受診できます。
さらにそのための特別休暇も取得可能ですので、健康管理という点ではとても恵まれた会社かもしれません。

ということで、妻と二人で宇都宮市内の専門施設で受診してきました。
妻は自分の会社の健康保険組合を通じて受診ですが、一緒に受診できるように調整しました。

で、結果は今回もオールA。
問題のある項目は1つもありませでした♪(v^_^)v
う~ん、自分ではあまり自覚がないのですが、かなり健康みたいですねσ(^_^;)

とりよたは早々に検査が終わりました。
妻は婦人科系の検査で少し時間がかかりましたが、無事終って一緒に食事です。
食事は施設の最上階にあるレストラン。
これもコースに含まれています。

レストランからの眺めです↓
201610251838171b3.jpeg

周りを見て気づいたのですが、女性の受診者がいつもより多い印象です。
中には女性だけののグループもいたりして。
もしかすると小林麻央さんの影響かもしれません。
病と闘う彼女のブログで女性の受診者が増えているとしたら、それは本当に素晴らしいことですね。

。。。

とりよたは奇跡を信じます。
ですからどんなときでも希望を捨てず、最後の最後まであきらめたりしません。
自分が今ここに存在していて、こうして希望を持っている。
それこそが奇跡なんですから。



ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをお願いします(#^^#)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村







スタンド・バイ・ミー その2



写真は宇都宮駅の新幹線ホームから見た新幹線の線路です。
とりよたはいつもここで新幹線を降りますが、この線路は遠く函館まで続いているんですね。

乗客はこのまままっすぐ目的地を目指しても、行き先を迷ってもいいんです。
途中で降りたり、次の駅で乗り換えたっていいんです。
それは自分自身の旅なんですから。
そう考えると人生も同じかもしれません。
自分自身の人生の旅ですね。


さて、前回の続きです。
前回はこちらから→スタンド・バイ・ミー その1

今回は、たとりよたの少年時代の友人たちのことを書きます。
メンバーは時期によって多少入れ替わりがありましたが、その中で中心的な人物をご紹介します。

まずはF.A君
小学5年のときに隣の小学校から転校してきました。
彼は根っからの旅行好き。
みんなでどこか行こうというときは大体彼が言い出しっぺでした。
それもいつも唐突だったんですが、みんななぜか行こう行こうというノリになったのが不思議です。
彼の部屋には駅弁の包み紙がいくつも飾ってあって、入った瞬間には引いてしまったことを覚えています。
そんな彼は小学生の頃から作文が得意で、読書感想文やら何やらの作文コンクールで毎回入賞していました。
確か小説家になりたいと言って大学では文学部に進学したのでした。
そうそう、日航機事故のときに一緒にアルバイトしたのは彼でしたね。
8月12日の夕日


次はH.K君
彼とは中学で同じクラスになりました。
彼は子供のころから音楽が得意。
楽器は何でもできて、絶対音感の持ち主。
中学生の頃にはギターを完璧に弾きこなし、曲を一度聞いただけで簡単にギターで弾き語りしてました。
みんなでどこかに行ったときにもギターを持ってきて、クルマの中でもいつも弾いていました。
じつは彼のお父さんは誰もが知っている事務用品、建築機械メーカーの社長を永く務めた有名な方。
友人たちの中では一番育ちがよかったのですが、普段は全くそんなことは感じさせないフランクな人柄。
でも大学になって家族で引っ越した恵比寿の高級マンションに行ったときには、自分たちと住んでる世界が違うことを初めて実感しました。


小学3年生にときに転校してきたK.A君
彼は絵が得意で、小学生の頃から頃からよくコンクールに入賞していました。
それもそのはず。ご両親とも美術の教員で、自宅には立派なアトリエがある環境でした。
彼が描く本格的なデッサンに驚いた記憶があります。


実は一度も同じクラスになったことがなかったT.Y君
彼は上の3人のつながりで友人になりました。
浪人生になるまであまり交流がありませんでしたが、友人たちに中では一番人柄がよく、すぐに打ち解けることができました。
いつもニコニコしていて不思議な魅力があった人物です。


今まで紹介した4人は地元の名門高校を卒業しましたが、唯一とりよたと同じ高校だったのがH.M君
彼の家は本屋さんで、欲しい本があると彼に頼んで取り寄せてもらっていました。
ちなみに高校ではとりよたと妻のクラスメートで、妻のことも知ってたのは彼だけでした。


他にも何人かいたのすが、大体この5人が一番交流がありました。
大学生になってそれぞれの道を歩き出して、その後の交流はあまりなくなってしまい、もう30年くらい会っていません。
映画スタンド・バイ・ミーと同じですね。

でも何となく消息はわかっています。

旅好きだったF.Aくんは大学卒業後、大手旅行代店に就職して、今でも仕事もプライベートも旅行三昧のようです。
実はとりよたは彼のブログを参考にしています→日本に、もっと恋する旅
さすがにプロです。面白い場所を軽快な文章で紹介しています。
それに小説家志望だった彼らしく、短編小説みたいなものも書いていて、なかなか面白いブログになっていますね。


音楽が得意だった御曹司のH.K君は、現在大手光学・事務機器メーカーで広報責任者をしています。
海外での生活も長かったようで、仕事で世界中を飛び回っているようです。
彼のお父さんが亡くなったのを知ったのは日経新聞の記事でした。
人望の厚かった方だったようで、きっと彼も同じように活躍していることでしょう。
今でもたまにライブ活動をしているみたいです。

美術が得意だったK.A君は、大学では建築学科で学び、今は大手ゼネコンの設計部門で活躍しているようです。
彼がどんな建築物を設計したのかは知らないのですが、彼のことですからきっと美しいデザインにしていると思います。


人柄のよかったT.Y君は、大学を卒業した後に地元に戻り、中学校の先生になりました。
地元にいるとりよたの甥っ子や姪っ子がお世話になったようで、話によるといい先生と評判とのこと。
生徒からも保護者からも慕われる先生になったようです。
そうそう、彼はとりよたの結婚式にも駆けつけてくれました。


最後に、とりよたと妻のクラスメートだったH.M君ですが、彼は結婚式に来てくれた後に交流がなくなってしまい、その後の消息がわかりません。
まあ、彼のことですからどんなところにいても活躍していることでしょう。


こんなふうに彼らとは浪人生時代まで一緒にいたのですが、その後それぞれの目的地に向かって、今ではそれぞれの世界で活躍中のようです。
映画の最後では、主人公が約束通り少年時代のことを小説に書き上げ、その最後に「あの時のような友人たちを、その後に持ったことはなかった」と締めくくりました。
少年時代の友だちというのはどこの世界でも同じかもしれません。

彼らと今会いたいかと聞かれると、うーん、今はいいかな、もし会うとすれば、定年でリタイアした後がいいかな、と思っています。

彼らは彼らの世界で人生の旅を続けている最中。
そう、まだみんな旅の途中なんです。
その人生の旅の目的地が見えてくる頃に、それぞれが歩んだ旅のことやそれぞれの世界のことを、昔のように語り合いたいな。
そんなふうに思っています。

彼らの活躍を祈りながら。


IMG_20161016_0001.jpg



ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをお願いします(#^^#)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村





スタンド・バイ・ミー その1

2016101818464510f.jpeg
写真は本文とは関係ありません。今朝撮影したE6系です。

タイトルのスタンド・バイ・ミー
とりよたの大好きな映画の1つです。

原作はあのスティーブン・キング。
映画は少し原作と違ったストーリーになっているようですが、読んだことがないのでよく知りません(⌒-⌒; )

ご存知の通り、作家の主人公が少年時代のことを回想するお話です。
主人公とその友人たちはそれぞれ家庭に事情を抱えているのですが、ひと夏の冒険を通して人として成長して行くストーリーですね。


とりよたにも少年時代、ちょっと気の置けない友人がいたことを以前の記事でかきました。
トランヴェール8月号
今日はその友人たちのお話です。

その友人たちはとりよたの小学校からの同級生でした。
中学を卒業して、違う高校に通うことになっても、通学の電車が一緒でしたし、たまに集まってはテニスなんかしたりして、何の気なしに連んでいたことが多かったんですね。

とりよたは大学受験で浪人しましたが、彼らもそろって浪人。
その浪人時代が彼らはと一番交流があった時期でした。

一緒に浪人したと言っても、彼らの高校は地元一番の進学校で、卒業生には何人も総理大臣がいる名門校。
当然のように予備校は学費全額免除の特待生。
とりよたはといえば、親に大学受験の理解を得られずに予備校には通わず独学でした。

そんな浪人生活がスタートしたのですが、それからの一年は全く浪人時代とは思えないくらい。
春にはテニスをやったり野球をやったり。
ゴールデンウィークには何回もドライブに。
夏は新潟の海に海水浴に行ったり、軽井沢に何泊かして長野県周辺をクルマでまわったり。
受験間近の秋になっても麻雀したり。
元日には千葉に初日の出を見に行ったり・・・

こんな浪人生が他にいるんでしょうか。
おかげで本当に明るい浪人生活でした。

こんな1年でしたが、彼らはみんな第一志望校か悪くても第二志望校に合格。
とりよたも第一志望校はダメでしたが、第二志望校になんとか合格しました。

彼らと最後に出かけたのは、みんなが進学する大学が決まった3月の後半。
クルマに分乗して行った栃木方面への卒業旅行でした。

先日、塩原温泉に行ってきたことを記事に書きましたが、とりよたはそのとき初めて塩原温泉に行ったのでした。
自分たちの進路が決まった時で、先日の記事にも書いたように、塩原温泉に行くときは何か将来のことが決まったときですから不思議な縁を感じます。
そのとき彼らと何を話したのかよく覚えていませんが、泊まった塩原温泉の温泉旅館では、きっとこれからのことを夢を持って話していたんでしょう。

そんな彼らは、 みんな何らかの特技や才能を持っていました。
次回、そんなユニークすぎる彼らのことを、ちょっとだけ書きたいなと思っています。



ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをお願いします(#^^#)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村







塩原温泉

塩原温泉に行ってきました。
と言っても先週のことです。

今週は爽やかな秋晴れでしたが、先週は・・・(~_~)
天気もどんよりしてましたし、まだ紅葉には早かったようで・・・

DSC_0521蝪ゥ蜴歙convert_20161016153926

紅葉のこの字もありませんね(≧◇≦)
空も曇り空で写真映えしません(;^ω^)
昨年は紅葉の見ごろの時期でした。

DSC_6312_convert_20161016153514.jpg


まあ、今回の目的は紅葉でもなければ温泉でもありません。
夏の記事でこんなことを書きました⇒ハンターマウンテンゆりパーク

なんと、妻の作品がフォトコンテストに入賞したんです\(^o^)/
それで、入賞作品が展示されているということで見に行くことに。

電話で入賞の連絡をいただいたときは半信半疑で、まさか詐欺?なんて思ちゃったほどです。
入賞作品は十数点あって、その中に妻の作品を見つけてやっと詐欺じゃなかったと安心しました。
その中のどの作品が妻のものかは・・・ナイショです(;^ω^)

夏の記事にも書いたんですが、とりよたも一昨年応募した作品が入賞しました。
昨年は応募しませんでしたが、今回の妻の入選でこのフォトコンテストは夫婦で入選率10割。
賞金も合わせて数万円もいただいちゃいました(^^ゞ

塩原温泉には、宇都宮から近いこともあって以前からよく訪れる場所です。
温泉やスキー、紅葉や新緑を求めて・・・
もうちょっと先の那須高原も含めると、このあたりには数えきれないくらい来ました。

妻と初めて来たのは、大学四年の12月。ちょうどクリスマスの日でした。
就職が決まっていて、二人の将来のことを話し始めていたころです。
もちろん二人の気持ちは固まっていましたし、実際その1年後に結婚しました。
そのとき塩原温泉に向かうクルマのなかで、これからの二人での生活のことを話していたんですね。

先日、次男が大学に合格し、来年から一人暮らしを始めることになりました。
長男はすでに一人暮らしをしており、これで来年は妻と二人の生活になります。
そんなこともあって、クルマの中ではこれからの二人での生活のことを話していました。
なんだか不思議な気がします。



ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをお願いします(#^^#)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村









秋ですね

20161014074240381.jpeg

新幹線ホームから見た今朝の宇都宮駅東口方面です。
バスターミナルの向こうの駅前広場には某有名餃子店が見えますね。
宇都宮の東部には大きな工業団地がありますし、ホンダやキャノン、花王やP&Gの研究所もあったりして、そこへ向かう方たちがここからバスで出勤していきます。

今朝の宇都宮は日差しはありますが、少し薄い雲が出ていていまひとつスッキリとした秋の空ではありませんね。
それにしても寒い(; ̄O ̄)
ここ数日ですっかり秋になった感じです。

関東にお住まいの方は天気予報を見てお気づきと思いますが、宇都宮と都心では気温が2~3度くらい違います。
ですからこの時期に特に服装に注意が必要です。
真冬や真夏と違って、この時期の2~3度は体感温度に大きな違いを感じます。

こういうときはスーツが便利。
簡単に上着で調整できます。
クールビズも終わったこの時期は通勤客の大半がスーツ姿ですね。

とりよたはというと、仕事柄必ずスーツを着なければならないというと訳ではないので、基本的には一年中クールビズやウォームビズです(;^_^A
とはいえ、ビジネスに適さないほどラフな服装もできませんので、シャツの上にジャケットを羽織るようなスタイルが多いです。

職場ではジャケットは脱いで、軽装で仕事をしてます。
内勤で昼食も妻手作りのお弁当ですから、一日中外に出ないことも多いです。
なので、帰宅しようと荷物を持って会社を出たところで、外の寒さでジャケットを忘れてきたことを思い出すこともσ(^_^;)
職場に忘れ物して戻るのもちょっと気まずいですよね(⌒-⌒; )
そんな経験ありませんか?

実はコレ、昨日やっちゃいました(ノ_<)




ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをお願いします(#^^#)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村





とりよたの「愛車遍歴」その4

P1010265_convert_20161009154159.jpg

前回の記事はこちらから→とりよたの「愛車遍歴」その3

w203のC200コンプレッサーワゴンを買ったのは、とりよたが新幹線通勤を始めて1年半後くらいしたころ。
長男6年生で次男が2年生と、子供たちは二人とも小学生でしたので、このころが一番子供達との楽しい思い出が多かった時期でした。

どうしても気に入らなかった15インチのアルミホイールを、買ってからすぐにAMGスタイリングⅣに替えた以外は全くのドノーマル。
キャリアシステムも前車のレガシィツーリングワゴンで使っていたものが流用できましたので、ほかにスタッドレスを買った以外に追加したものはありませんでした。

乗ってみてまず驚いたの車体の剛性の高さ。
ドアを閉める音がまず違います。
荒れた路面を走ってもビクともしないどころか、ある程度の速度なら路面に吸い付くように乗り越えていきます。
シートもファブリックながらしっかりとしていて疲れにくい。
特に高速で巡行するときの安定感にはビックリでした。

前車のレガシィも当時は車体やサスペンション、シートの安定性が欧州車並みと言われていたのですが、ちょっと別次元という感じでした。

上の写真は買ってから1年後くらいの夏休みに家族で河口湖に出かけたときのもの。
ちょっとはにかむ長男と、おどけて笑いをとる次男。
兄弟の性格の違いがよく出てます(⌒-⌒; )

このころはドライブに旅行、キャンプやスキーと、1年中家族で出かけていました。
ですが、だんだん大きくなって、中学生や高校生になるころには、学校や部活、受験などなど、なかなか家族揃って出かけることが少なくなっていきました。
今では長男は大学生で一人暮らしをしており、次男も来年は大学生になって一人暮らしの予定です。
ですから、こんな写真を見るとどうしてもさびしくなってしまいますね。

このw203は結構長く乗っていました。
特に不満がなかったことと、妻の車もあって使い分けていたことや、それほど走行距離が伸びなかったことなどが理由です。

ですが・・・こんなに不具合で苦労したクルマも他にありませんでした…>_<…

不具合を思いつくままあげると、
プロペラシャフト付近からの異音
フロントのサスペンションアームの不具合
チャコールフィルターが使用できなくなる
オートエアコンのフラップ不具合
パワーシートのモーター故障
パワーウインドウの故障
ヘッドライトバルブのソケット破損
原因不明のエンジン警告灯の点灯
エンジンのオイル漏れ
・・・

その度にヤナセで修理しました。
どうもこの頃のメルセデスは、クライスラーとの資本提携でちょっと迷走していた時期で、ヤナセの担当の話では不具合も多かったようです。

結局10年近く乗った頃、原因不明のエンジン停止の症状が出ました。
ヤナセで見てもらっいましたが、結局原因は分からず。
それからしばらくはこの症状も出なかったのでそのまま乗っていましたが、一度交差点でストップして大変な目に遭ったので、どうも不安が消えません。

それに、エンジンのオイル漏れもあり、このままでは次回の車検で修理が必要になりそうです。
その場合はエンジンを下ろす大手術になって、修理費はウン十万円とのこと。

仕方なく買い替えを決断しました。

次回に続きます。



ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをお願いします(#^^#)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村





新幹線をパチリと



東京駅に到着したE5系はさぶさ号です。
今日の午後7時ころに東京駅20番線ホームから撮影しました。
詳しい方はお分かりかもしれませんが、ホームの柵がある場所ですから、この付近にはE5系は停車しません。
そうです。まだ停車する前の動く車両を撮影したんです。
それもスマホで。

今のスマホは凄いですね。
こんなに明暗差のある場所で、それも動く車両とビルの夜景をこんなに簡単に同時に撮れちゃうんですから。
まあ、作品とまではいきませんが、普通のスナップや記録のためなら十分ですね。

この時間になるとあまりいませんが、昼間は旅行客から撮り鉄さんまで、たくさんの方が写真を撮っています。
今はスマホで手軽に撮れるので、楽しい旅の思い出になりますよね。
ですが新幹線の写真を撮影するにはルールやマナーというものがあるのです。

これが守れない迷惑な乗客もよく見かけます。
列車が発車するときに、駅員さんが必死にアナウンスして注意することもしばしば…>_<…

思いつくまま例をあげてみますが、もっとあるかもしれません。

列車が動いているときは、必ず黄色い線(点字ブロック)の外に出てはいけません。
これは写真に写っている柵にがある場所も同じです。
柵にもたれて撮影してはいけません。
それに、たまに見かけますが、運転席に向けてフラッシュをたいてはいけません。

安全のためや列車の正確な運行のためですが、もし何かあったら下手すると列車往来妨害罪という結構な重罪になってしまいますよ( ;´Д`)

また、安全のためではありませんが、
グリーン券やグランクラス券を持たずに撮影のためにグリーン車やグランクラス車に入ってはいけません。
これは車内アナウンスもされているルールです。

写真撮影以外にも、公共交通機関を利用するには常識的なルールやマナーがあります。
せっかく新幹線で出かけるのですから、ルールやマナーを守って楽しい旅にしたいものですよね。



ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをお願いします(#^^#)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村





「スター・ウォーズ展」に行ってきました

DSC_0655_convert_20161009152007.jpg

宇都宮美術館で開催されている「スター・ウォーズ展」に行ってきました。
昨年の春に六本木ヒルズから始まって各地を巡回していますので、すでに他でご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。
「スター・ウォーズ展」というのも美術館の企画展とすると異質な感じがしますが、ちょっと話題になっていて気にはなっていました。

DSC_0656_convert_20161009152139.jpg


宇都宮美術館は宇都宮市郊外の丘陵地あります。
自然の森林をうまく使い、まるで森の中にあるような場所に建てられています。

DSC_0658_convert_20161009152206.jpg

宇都宮市在学または在住の高校生以下は無料ということもあって、子供たちもたくさん見に来ていました。
とりよたは妻と一緒によくいろいろな美術館に行きますが、こんなに子供の多い企画展はあまりありません。
いい機会ですから、常設展示も見て帰ってほしいものです。


で、展示の内容はというと、何人もの芸術家がスター・ウォーズに登場した場面やキャラクターをモチーフに、バロック風や印象派風、アメコミ風やアニメ風まで、多彩なタッチで描いた作品が展示してありました。
それはそれでとてもイイんですが、やっぱり皆さん興味深く見ていたのは、映画で実際に使用されたアイテム類でしょう。

ダース・ベイダーやハン・ソロ、R2-D2やC3-POといったおなじみのキャラクターの実際の衣装。
レーザーブラスターやライトセーバーなんかの実際に映画で使用された武器類など、好きな人はここにいるだけで幸せになれそう(;^ω^)

詳しい内容は見てのお楽しみです。
スター・ウォーズをあまり知らない方でもわかりやすいように文字や映像で説明があり、映画を全部見ていなくても楽しめそうですので、ぜひご覧になってください。
ちなみにとりよたは、年甲斐もなく興奮してしまいました・・・

そうそう、入口付近では、ダース・ベイダーと記念撮影できますよ(#^.^#)

DSC_0667_convert_20161009152413.jpg


それで、今回も美術館に行ったときのお楽しみ。
ラウンジで美味しいものをいただきます(^^ゞ

DSC_0661_convert_20161009152234.jpg

宇都宮美術館の場合は、ラウンジではなくレストランになります。


DSC_0662_convert_20161009152302.jpg

外をみると自然の森林。
まるで森の中のようです。
行った時間はランチタイムとディナータイムの間のティータイムでした。
ちなみにディナータイムは予約が必要とのこと。
ここでパーティーや結婚式もできるようです。


DSC_0664_convert_20161009152344.jpg

二人とも、デザートの盛り合わせを注文しました。

今度はランチタイムかディナータイムに来てみてもいいかな、なんて思いながらのんびり楽しみました。



ランキングに参加しています。
よろしければ応援のポチをお願いします(#^^#)


サラリーマン ブログランキングへ


にほんブログ村





フリーエリア

プロフィール

とりよた

Author:とりよた
偶然か、運命のいたずらか、縁もゆかりもなかった宇都宮に定住し、諸々の事情で都内まで新幹線通勤して早10年以上。都会で仕事して田舎暮らしするのにも大分慣れてきた今日この頃です。

コメント大歓迎、リンクフリーです(*^^)v


サラリーマン ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア