蔵の街を散策

前回の続きです。

「岩下の新生姜ミュージアム」を出てクルマで移動。
移動時間は5分くらいです。
到着したとき、ちょうど雨が上がりました((∩^Д^∩))

2-1.jpg

雨は上がりましたが、まだどんより曇り空( ノД`)
まあ、真夏ですから陽が出ているより歩きやすいですけど・・・

2-2.jpg

栃木市の市街地は蔵造りの建物が多く残されていて風情ある街並みとなっています。
今まで何度も訪れて散策を楽しんでいます。

天気がこんな感じですから観光客はチラホラ程度。
今年の天気、一体どうしちゃったんでしょうねΣ(´Д`*)

市街地で一番の通りにはこんなお店も。
商売が成り立っているのが凄いΣ(゚д゚|||)

2-3.jpg


商店街は昭和感が残されていて。
かつては買い物客でにぎわっていたのでしょうね。

2-4.jpg


もともとこの栃木市は舟運による物資輸送で栄えた街とのこと。
市内を流れる巴波川沿いには当時の繁栄を物語る建物が多く残されています。

↓は明治時代の豪商の屋敷
右側が麻問屋で左側が銀行だったそうです。

2-5.jpg


明治の廃藩置県のとき、旧栃木県と宇都宮県にわかれていたのですが、その後今の栃木県は統合されました。
当初はこの栃木市に県庁が置かれていたのですが、のちに県庁は宇都宮市に移されたそうです。
その当時の遺構が今でも残されています。

2-6.jpg

2-7.jpg

歩いているうちに薄日が差してきました。
暑い~~
ということでちょっと休憩。

メイン通り沿いの「コエド市場」へ。
入口には栃木市のマスコット「とち介」です。

2-8.jpg


日光の天然氷のかき氷を注文。
このボリューム(;゜0゜)
食べ終わるころにはすっかり汗も引きました。

2-9.jpg

その後もユルユルと散策していたんですが、また天気が悪くなって雨が降り始めました。
まあ十分散策したので、今日はこれにて宇都宮に戻りました。






スポンサーサイト

雨の日のドライブ

せっかくの休暇ですが・・・
ずう~と雨(ノ_<)
なんでも8月としては昭和52年以来の雨続きということですね。

やっと妻と休みが合ったのですが、天気予報を見て予定が組めず( ノД`)
家でおとなしくしているつもりだったのですが、やっぱりどこか行ってきたい・・・
ということで二人で出かけてきました。
といっても近場へドライブですけど(〃ノωノ)

ホントは那須高原や奥日光、ちょっと足を延ばして磐梯方面に行きたかったのですが、天気情報では北ほど天気が悪いみたい。
なるべく雨を避けて南の方角に行くことに。

とういうことで到着したのは、宇都宮市からクルマで1時間くらいの栃木市でした(#^.^#)

栃木市は栃木県内で3番目の人口を有し、市街地は昔ながらの蔵造りの建物が多数残る風情ある街並みで有名です。
折に触れて何度も訪れていますが、この街並みを散策するのが好きなんですよね( ^ω^ )

宇都宮を出発したのが遅かったため、到着したのは正午すぎ。
小雨がぱらついていました(っω・`。)
街歩きできないわけじゃないですが、しばらくすれば雨も上がりそう。

それまでの間に行ってきたのが「岩下の新生姜ミュージアム」
なんていったって入場無料。
以前から気になっていた新スポットですが、今まで行ったことなかったんですよね(〃▽〃)

難点は駐車場が狭いこと。
何とか一台分空いていてラッキー。

1-1.jpg

「岩下の新生姜」で有名な岩下食品が運営するテーマパーク(?)
なので、館内はこれでもかとばかりに新生姜ですw(゚o゚)w

オリジナルマスコットの「新生姜アルパカ」と「オリーチェ」だそうです(^∇^)

1-2.jpg

「新生姜アルパカ」は新生姜のピンク色。
それ以外も館内はピンクだらけ。

1-3.jpg

「ジンジャー神社」ってダジャレのユルユル感が絶妙に感じるのはオヤジだから?

1-4.jpg

ちょうどお昼時だったので、館内のレストランで食事をすることに。
メニューは全部、何かしら生姜が使われています。
ここでも徹底していますね( /ω)

ここまで生姜だらけの館内を見てきたばかりでちょっと・・・
どっぷり生姜が使われた料理は敬遠。
注文したのは「新生姜おろしハンバーグプレート」
ご飯にきざみ生姜が乗っている程度でした。
あ、お箸もピンク(゚△゚;ノ)ノ

1-5.jpg

食事を終えて外に出るとまだ少し小雨が。
でもなんだか雲が切れそうな様子も。

ということで栃木市内の街歩きをすることに。
その様子は次回ということで(っ*^ ∇^*c)









8月15日(2017)

せっかく休暇を取ったのですが、予定は全くなし(⌒-⌒; )

大学生の息子たちですが、長男は今年は帰省せず(´・_・`)
次男は帰省してきましたが、毎日地元の友達と遊びまわって家に寄り付かず(ノ_<)
妻はほとんど休みが合わず(つω-`。)

まあ、のんびり休養できていいですけど・・・

せっかくだから普段は出来ない家のことを、と思って一昨日庭の草刈りを始めたらゲリラ豪雨が(;゜0゜)
草刈りを中断したんですが、それから今日までずっと雨でそのままの状態に( ̄◇ ̄;)
刈り取った草が雨で濡れてしまって片付けが大変そうです・゚・(つД`)・゚・

2017081513403061f.jpeg




今日は8月15日
終戦の日です。

こののんびりとした平和な日常を実感しながら、先の大戦だけでなく、戦争で亡くなられた全ての方々と、戦争で愛する人を亡くした全ての方々に対して、本日正午に黙祷をさせていただきました。



お盆休み



今日の午後7時頃の東京駅20・21番線ホームの様子です。
新幹線を待つ列がホームの端まで続いています。

この付近は新幹線ホームの一番前寄りですので、いつもはそれほど混雑していないんですが、今はお盆休みで一年でも一番混雑する時期です。
本日分の指定席は完売していて、みなさん自由席に並んでいるみたいですね。

新幹線通勤はこのように混雑する時期が一番大変なのですが、お盆期間中になっちゃえば逆に一年で一番すいている時期になります。
通勤客がいなくなりますし、Uターンラッシュまで旅行客も疎らになるからです。
車両に乗客が一人だけなんてこともあり、夜にガランとした車内に一人だけでで乗っているとちょっと不気味な感じがΣ(´Д`lll)エエ!!

以前こんなこともありました→お盆の新幹線にて


いずれにしてもこの時期の通勤はいつもと違うことばかr。
ブログに書きたくなるようなこともたくさんあるのですが・・・奇跡的に去年に引き続き休暇が取れちゃいました(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー
土日を含めて10日間です ウオオオオオオオアアアアアアアアアアアアアアアアアア\( ‘ω’)/

ということで新幹線通勤もお休みです。
職場のは、何かあっても余程のことがない限り会社に来ない、と宣言してきました(゚△゚;ノ)ノ
ちょうど今日定期が切れたので、もし出勤するなら往復で9千円近くかかっちゃいますしね(⌒-⌒; )

でも・・・休暇中の予定は全くなしです(つω-`。)







ふるさと宮まつり②

お祭りが最高潮となるのが最終日8月6日の夜
もちろん行ってきました(#^.^#)

お祭りの会場はいくつか別れていますが、なんといっても一番盛り上がるのが
お神輿です♪───O(≧∇≦)O────♪

この二荒山神社のお神輿だけでなく、宇都宮周辺からたくさん集結。

DSC_0887_00001_convert_20170808194020.jpg

いったいいくつ集まったんでしょうw(゚o゚)w

DSC_0406_00001_convert_20170808193710.jpg


DSC_0526_00001_convert_20170808193841.jpg


DSC_0433_00001_convert_20170808193802.jpg


これだけ集まるともの凄い盛り上がりかたです。
もう説明できませんので、写真でその雰囲気を感じてください(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

DSC_0644_00001_convert_20170808194302.jpg


DSC_0568_00001_convert_20170808193909.jpg


DSC_0154_00001_convert_20170808193539.jpg


DSC_0310_00001_convert_20170806231859.jpg


DSC_0223_00001_convert_20170808193642.jpg


DSC_0973_00001_convert_20170808194040.jpg


DSC_1032_00001_convert_20170806235939.jpg


お祭りの最後にはこの人だかり。
見えるでしょうか。
参道のずっと先まで人でいっぱい(゚д゚)
写真に写っていないですが、鳥居の向こうは左右に大通りが続いていて、そこも同じような状態です。

DSC_1176_00001_convert_20170806232216.jpg



途中で仕事帰りの妻と合流して、二人であちこち走り回っては写真を撮りまくっちゃいました。
その時は夢中で全く疲れは感じなかったのですが、家に帰って・・・アレレレ_(:□ 」∠)_

もう少し自重しておけばよかった、なんてまさに後の祭りでした(つД`)ノ






ふるさと宮まつり①

先週末の8月5日〜6日に、宇都宮では毎年恒例の「ふるさと宮まつり」が開催されました。

宇都宮市内はもとより、栃木県内最大のお祭りですが、とりよたはもう数年くらい行っていませんでした。
子供たちがまだ小さかった頃は何度か行ったのですが、その後は雨だったり、人混みが億劫だったりして、なかなか行く機会がなかったんです。

ですが今年はなんとなく行ってみようということになって。
というのも、開催初日の午前中、ちょっと用事があってお祭りが始まる前の会場周辺を歩くことになりました。
準備をしているお祭り会場の雰囲気になんだかワクワクして、じゃあ久しぶりに行ってみようか、なんてノリです(⌒-⌒; )

会場の一つ、オリオン通りというアーケード街です。
もう七夕かざりが。
手作り感満載です(ノ´▽`*)b☆

DSC_0060_00001_convert_20170806230039.jpg


バスケのbリーグ初代王者に輝いた栃木ブレックスは地元の誇り。
優勝の瞬間は、この近くでパブリックビューイングをしていて、大変な盛り上がりだったみたい。
ちなみにとりよたは自宅でテレビ観戦してました。

DSC_0090_00001_convert_20170806230228.jpg


このオリオン通りですが、以前は宇都宮で最も賑わう商店街でしたが、地元百貨店の倒産や郊外移転、撤退等が相次ぎ、一時はシャッター通りのようになっていました。
ですが、地元の方々の努力で賑わいを回復してきました。
商店街には昔からの老舗も多く、レトロな雰囲気もところどころ残しています。

DSC_0086_00001_convert_20170806230149.jpg


さて、メイン会場は宇都宮のシンボルである二荒山神社前。
この二荒山神社は宇都宮市内中心部の小高い場所にあります。

DSC_0035_00001_01_convert_20170806225602.jpg


まだお祭りが始まる前の静かな境内を散歩しました。

DSC_0026_00001_convert_20170806224855.jpg


DSC_0047_00001_convert_20170806225629.jpg


参道の階段からは、お祭りの会場が一望できます。

DSC_0056_00001_convert_20170806230836.jpg


お祭りが一番盛り上がるのは最終日の夜。
もちろんそのときに行ってきましたが、この場所がそのときどんなことになったか。
それは次回のお楽しみということで。

なんで次回か?
写真をたくさん撮りすぎて、まだとりよた自身もチェックしてないんです\(//∇//)\







スーツケース

20170803180927aab.jpeg

8月は新幹線が最も混雑する時期の一つ。
今日は金曜日でもあり、新幹線の改札口やホームは人で溢れるくらい( ̄◇ ̄;)
夏休みですから、家族連れの旅行客がとても多いようですね。

最近の旅行客はキャリーケースやスーツケースを使うことが多くなったようです。
キャスターがついていて、移動がラクで便利ですよね。
ですが、新幹線に乗るには何かと不便なこともあるので注意が必要です。

新幹線のホームはほとんどの駅で地上から何階も上がったところにあります。
エレベーターはあるにはありますが、数が少ないですし、小さくて何人も乗れるようなものではありません。
エスカレーターもありますが、東京駅なんかは昇りか下りの一方通行。
大きなスーツケース持ってエスカレーターに乗るのも危険ですし、仕方なく担いで階段を昇ることに。
普通のバッグなんかより重くて持ちづらいですから、余計に苦労することになっちゃいます(T_T)

上野駅は逆に地下ホームですが、長いエスカレーターを3本も乗り継がなくてはなりませんからもっと大変。
大宮駅で東北新幹線から北陸新幹線や上越新幹線乗り換えるときは、一旦階段やエスカレーターで降りてから、また階段やエスカレーターを昇って隣のホームまで行く必要があるので、乗り換えの待ち合わせ時間が短いときは大変です。

新幹線の車内でも不便なことが。
基本的に新幹線は大きなスーツケースのことがあまり考慮されていないようです。

座席周りは、意外に荷物の置き場がありません。
小さい荷物なら、足元や網棚に置けばいいのですが、網棚はそれほど大きくはなく、これくらいの大きさのものが限界みたい(つД`)ノ

20170731192047422.jpeg


足元もそれほどスペースがあるわけでなく、大きなスーツケースを無理に置いて窮屈な旅行になったり(つω-`。)
車内が混雑してたら他の乗客にも迷惑が(ノ_<)

20170731192046d74.jpeg

実はデッキに荷物置き場があって、大きなスーツケースも入れられますが、それほど多く収容できそうもありませんし、荷物から目が離れるので盗難も心配。

車内の最後尾の座席の後ろにニッチなスペースがあって、そこに置くこともできなくはないですが、離れた座席に座るとやっぱり荷物が心配ですし、大きさによっては前の座席のリクライニングができなくなって 迷惑になりそう。

ということで、新幹線に毎日乗っているとりよたの結論は、
新幹線で旅行するなら大きなスーツケースで行くな‼︎
です(♯`∧´)

なるべく荷物を小さくするか、荷物を二つに分けてキャリーケースとボストンバッグみたいにして持っていくことをオススメいたしますヽ(´∀`)ノ

ではみなさま、新幹線で良いご旅行をヾ(o´∀`o)ノ





迷惑な乗客(イビキ編)

20170802185527eab.jpeg

午後7時前の東京駅22番線付近です。

今朝は、午前7時16分ごろ発生した地震のため、東北新幹線は一時運転を見合わせていました。
とりよたはその時は駅に向かって歩いていて、地震とは気づかず、新幹線ホームに上がって、初めて知りました。

ホームには前の列車の到着を待つ人と、その後に来る列車に乗る人が一緒になって大変な混雑。
経験上、こんなときは慌てないことですね。
冷房のきいたホームの待合室で、イスに座ってしばらく待つことに。

10分ほどで運転再開。
最初に着た列車にみなさん乗り込み、車内は混雑していて座りきれないくらい。
もちろん、とりよたは次に来る列車に乗ることにしました。

予想通り、次の列車はすぐ来て、しかもいつも以上にすいていました。
さらにその後の列車の方が空いていると思いますが、これ以上待っていても仕方ないですし、必要以上に遅刻するのもどうかと思い、その列車に乗り込みました。

とりよたはもう10年以上毎日新幹線で通勤していますが、朝の列車遅延はほとんど経験がありません。
前回は確か1年以上前でしょうか。
よく覚えていないくらいです(⌒-⌒; )
新幹線の運行はそれほど正確ということなんですね。

次の小山駅では前の列車に乗り切れなかったのでしょうか、いつもより多くの人が乗り込んで来ました。
とりよたの隣の座席にもスーツ姿の通勤客が。
あまり見かけない方でしたので、普段は別の列車で通勤している方かもしれません。
その方は、礼儀正しく「お隣、よろしいでしょうか」と挨拶して座りました。

列車が遅延したりして、みなさんイライラしがちな時に、こういう一言が言えるのは見習うべきところかもしれません。
感心しながら「どうぞ、どうぞ」と笑顔で返事しました(*^^*)

こうして、その後はいつもどおりの通勤となるはずでしたが・・・
しばらくすると、このお隣の方、気持ちよく寝はじめました。
それも、車内に響き渡るくらいのイビキをかきながら( ̄◇ ̄;)

もちろん、ご本人は意識してイビキをかいているわけではありませんし、朝早くから列車遅延にあって、やっと乗れてホッとしていたでしょうから、つい眠くなるのは無理もないことです。
とりよたもそれほど気にしませんし、いつものようにイヤホンでうるさめな曲を聴いていれば、多少のイビキくらい聞こえなくなります。

ですが・・・この方のイビキ、強烈ですΣ(゚д゚|||)
イヤホンからのハードロック系の曲を切り裂くくらいの強烈なイビキです(;゜0゜)

まあ、それでも悪気があるわけじゃありません。
気にしないことに。

ですが、ですが・・・
気にしないようにしていたのですが、どうしても気になっちゃうんです。
というのは、そのイビキ、途中で急に止まるんです((((;゚Д゚)))))))

え? 息していない?
と思うと、イビキ再開Σ(゚□゚(゚□゚*)
無呼吸症候群というのでしょうか。
そんなことが何回もあって、突然倒れないかと気になって仕方ありません。

そのうえ、口を開けてイビキをかいているもんだから、そのうちに周囲には口臭が漂うことに。
これも本人に悪気があるわけじゃないので仕方ないですが、逆に悪気がない方が始末に悪いかも(*`ェ´*)

幸いなことに、新幹線は順調に走っていて、ガマンするのもあとわずか。
東京駅の一つ手前の上野駅に到着したところで、その方は突然ガバッと起きて新幹線を降りていきました。

最初に礼儀正しくて感心したのですが、その評価はすっかり地に落ちたみたい。
おそらく周り他のの乗客も同じだったでしょう。
こんなことは初めてでした。゚(゚´Д`゚)゚。







フリーエリア

プロフィール

とりよた

Author:とりよた
偶然か、運命のいたずらか、縁もゆかりもなかった宇都宮に定住し、諸々の事情で都内まで新幹線通勤して早10年以上。都会で仕事して田舎暮らしするのにも大分慣れてきた今日この頃です。

コメント大歓迎、リンクフリーです(*^^)v


サラリーマン ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア