ふるさと宮まつり①

先週末の8月5日〜6日に、宇都宮では毎年恒例の「ふるさと宮まつり」が開催されました。

宇都宮市内はもとより、栃木県内最大のお祭りですが、とりよたはもう数年くらい行っていませんでした。
子供たちがまだ小さかった頃は何度か行ったのですが、その後は雨だったり、人混みが億劫だったりして、なかなか行く機会がなかったんです。

ですが今年はなんとなく行ってみようということになって。
というのも、開催初日の午前中、ちょっと用事があってお祭りが始まる前の会場周辺を歩くことになりました。
準備をしているお祭り会場の雰囲気になんだかワクワクして、じゃあ久しぶりに行ってみようか、なんてノリです(⌒-⌒; )

会場の一つ、オリオン通りというアーケード街です。
もう七夕かざりが。
手作り感満載です(ノ´▽`*)b☆

DSC_0060_00001_convert_20170806230039.jpg


バスケのbリーグ初代王者に輝いた栃木ブレックスは地元の誇り。
優勝の瞬間は、この近くでパブリックビューイングをしていて、大変な盛り上がりだったみたい。
ちなみにとりよたは自宅でテレビ観戦してました。

DSC_0090_00001_convert_20170806230228.jpg


このオリオン通りですが、以前は宇都宮で最も賑わう商店街でしたが、地元百貨店の倒産や郊外移転、撤退等が相次ぎ、一時はシャッター通りのようになっていました。
ですが、地元の方々の努力で賑わいを回復してきました。
商店街には昔からの老舗も多く、レトロな雰囲気もところどころ残しています。

DSC_0086_00001_convert_20170806230149.jpg


さて、メイン会場は宇都宮のシンボルである二荒山神社前。
この二荒山神社は宇都宮市内中心部の小高い場所にあります。

DSC_0035_00001_01_convert_20170806225602.jpg


まだお祭りが始まる前の静かな境内を散歩しました。

DSC_0026_00001_convert_20170806224855.jpg


DSC_0047_00001_convert_20170806225629.jpg


参道の階段からは、お祭りの会場が一望できます。

DSC_0056_00001_convert_20170806230836.jpg


お祭りが一番盛り上がるのは最終日の夜。
もちろんそのときに行ってきましたが、この場所がそのときどんなことになったか。
それは次回のお楽しみということで。

なんで次回か?
写真をたくさん撮りすぎて、まだとりよた自身もチェックしてないんです\(//∇//)\







スーツケース

20170803180927aab.jpeg

8月は新幹線が最も混雑する時期の一つ。
今日は金曜日でもあり、新幹線の改札口やホームは人で溢れるくらい( ̄◇ ̄;)
夏休みですから、家族連れの旅行客がとても多いようですね。

最近の旅行客はキャリーケースやスーツケースを使うことが多くなったようです。
キャスターがついていて、移動がラクで便利ですよね。
ですが、新幹線に乗るには何かと不便なこともあるので注意が必要です。

新幹線のホームはほとんどの駅で地上から何階も上がったところにあります。
エレベーターはあるにはありますが、数が少ないですし、小さくて何人も乗れるようなものではありません。
エスカレーターもありますが、東京駅なんかは昇りか下りの一方通行。
大きなスーツケース持ってエスカレーターに乗るのも危険ですし、仕方なく担いで階段を昇ることに。
普通のバッグなんかより重くて持ちづらいですから、余計に苦労することになっちゃいます(T_T)

上野駅は逆に地下ホームですが、長いエスカレーターを3本も乗り継がなくてはなりませんからもっと大変。
大宮駅で東北新幹線から北陸新幹線や上越新幹線乗り換えるときは、一旦階段やエスカレーターで降りてから、また階段やエスカレーターを昇って隣のホームまで行く必要があるので、乗り換えの待ち合わせ時間が短いときは大変です。

新幹線の車内でも不便なことが。
基本的に新幹線は大きなスーツケースのことがあまり考慮されていないようです。

座席周りは、意外に荷物の置き場がありません。
小さい荷物なら、足元や網棚に置けばいいのですが、網棚はそれほど大きくはなく、これくらいの大きさのものが限界みたい(つД`)ノ

20170731192047422.jpeg


足元もそれほどスペースがあるわけでなく、大きなスーツケースを無理に置いて窮屈な旅行になったり(つω-`。)
車内が混雑してたら他の乗客にも迷惑が(ノ_<)

20170731192046d74.jpeg

実はデッキに荷物置き場があって、大きなスーツケースも入れられますが、それほど多く収容できそうもありませんし、荷物から目が離れるので盗難も心配。

車内の最後尾の座席の後ろにニッチなスペースがあって、そこに置くこともできなくはないですが、離れた座席に座るとやっぱり荷物が心配ですし、大きさによっては前の座席のリクライニングができなくなって 迷惑になりそう。

ということで、新幹線に毎日乗っているとりよたの結論は、
新幹線で旅行するなら大きなスーツケースで行くな‼︎
です(♯`∧´)

なるべく荷物を小さくするか、荷物を二つに分けてキャリーケースとボストンバッグみたいにして持っていくことをオススメいたしますヽ(´∀`)ノ

ではみなさま、新幹線で良いご旅行をヾ(o´∀`o)ノ





迷惑な乗客(イビキ編)

20170802185527eab.jpeg

午後7時前の東京駅22番線付近です。

今朝は、午前7時16分ごろ発生した地震のため、東北新幹線は一時運転を見合わせていました。
とりよたはその時は駅に向かって歩いていて、地震とは気づかず、新幹線ホームに上がって、初めて知りました。

ホームには前の列車の到着を待つ人と、その後に来る列車に乗る人が一緒になって大変な混雑。
経験上、こんなときは慌てないことですね。
冷房のきいたホームの待合室で、イスに座ってしばらく待つことに。

10分ほどで運転再開。
最初に着た列車にみなさん乗り込み、車内は混雑していて座りきれないくらい。
もちろん、とりよたは次に来る列車に乗ることにしました。

予想通り、次の列車はすぐ来て、しかもいつも以上にすいていました。
さらにその後の列車の方が空いていると思いますが、これ以上待っていても仕方ないですし、必要以上に遅刻するのもどうかと思い、その列車に乗り込みました。

とりよたはもう10年以上毎日新幹線で通勤していますが、朝の列車遅延はほとんど経験がありません。
前回は確か1年以上前でしょうか。
よく覚えていないくらいです(⌒-⌒; )
新幹線の運行はそれほど正確ということなんですね。

次の小山駅では前の列車に乗り切れなかったのでしょうか、いつもより多くの人が乗り込んで来ました。
とりよたの隣の座席にもスーツ姿の通勤客が。
あまり見かけない方でしたので、普段は別の列車で通勤している方かもしれません。
その方は、礼儀正しく「お隣、よろしいでしょうか」と挨拶して座りました。

列車が遅延したりして、みなさんイライラしがちな時に、こういう一言が言えるのは見習うべきところかもしれません。
感心しながら「どうぞ、どうぞ」と笑顔で返事しました(*^^*)

こうして、その後はいつもどおりの通勤となるはずでしたが・・・
しばらくすると、このお隣の方、気持ちよく寝はじめました。
それも、車内に響き渡るくらいのイビキをかきながら( ̄◇ ̄;)

もちろん、ご本人は意識してイビキをかいているわけではありませんし、朝早くから列車遅延にあって、やっと乗れてホッとしていたでしょうから、つい眠くなるのは無理もないことです。
とりよたもそれほど気にしませんし、いつものようにイヤホンでうるさめな曲を聴いていれば、多少のイビキくらい聞こえなくなります。

ですが・・・この方のイビキ、強烈ですΣ(゚д゚|||)
イヤホンからのハードロック系の曲を切り裂くくらいの強烈なイビキです(;゜0゜)

まあ、それでも悪気があるわけじゃありません。
気にしないことに。

ですが、ですが・・・
気にしないようにしていたのですが、どうしても気になっちゃうんです。
というのは、そのイビキ、途中で急に止まるんです((((;゚Д゚)))))))

え? 息していない?
と思うと、イビキ再開Σ(゚□゚(゚□゚*)
無呼吸症候群というのでしょうか。
そんなことが何回もあって、突然倒れないかと気になって仕方ありません。

そのうえ、口を開けてイビキをかいているもんだから、そのうちに周囲には口臭が漂うことに。
これも本人に悪気があるわけじゃないので仕方ないですが、逆に悪気がない方が始末に悪いかも(*`ェ´*)

幸いなことに、新幹線は順調に走っていて、ガマンするのもあとわずか。
東京駅の一つ手前の上野駅に到着したところで、その方は突然ガバッと起きて新幹線を降りていきました。

最初に礼儀正しくて感心したのですが、その評価はすっかり地に落ちたみたい。
おそらく周り他のの乗客も同じだったでしょう。
こんなことは初めてでした。゚(゚´Д`゚)゚。







雨の週末

先日、修理に出していたカメラが戻ってきました。
製造上の不具合があったとのことで、シャッターユニットを交換したとのこと。
それに外観のゴムパーツも新品に。
普段は有料のイメージセンサー清掃も無料。
今まで全く問題なかったのですし、3年近く使っていたところでしたので、かえってラッキーだったかも。

今週末は久し振りに妻と2日間とも休みが合って、どこかに写真を撮りに行こう、なんて思っていたんですが・・・

雨です。
それも土砂降り級の雨です(T_T)

ここまで降ったら写真撮影どころではありません。
仕方なくあきらめることに。

ですが、せっかくの休みですから、二人でどこかに行きたいなあ・・・
ということで行ったのが『佐野プレミアムアウトレット』でした。

宇都宮からは東北道を使って30分くらいで行けるので、年に何度か行っています。
普段の週末は混んでいて、駐車場に入るのも一苦労するのですが、こんな雨ならすいているんじゃないの、って発想です(〃ノωノ)

DSC_0014_00001_convert_20170730122359.jpg

予想通りすいています(*’U`*)

雨は時折強く降ってきましたが、屋根のあるところが多くて助かります。

DSC_1100_convert_20170730122448.jpg

せっかく来たんだから、と、二人とも買う気満々(^ω^ ≡ ^ω^)
雨も何のその。
端から端まで歩き回っちゃいました。

DSC_1099_convert_20170730122431.jpg

歩き疲れてちょっと休憩。
まだそれほどお腹はすいていませんが、フードコートに入ることに。
たこ焼きと飲み物だけです。

DSC_1096_convert_20170730193213.jpg

で、休憩後もお買い物の続き\(//∇//)\
結局今回も調子に乗って買いすぎちゃったかも。

DSC_1097_convert_20170730122419.jpg


実は二人ともここのところ色々あって、ちょっとストレスがたまっていたみたい。
それにせっかくのお休みなのにこの天気で、正直ちょっと気がめいっていたところでした。

二人とも思う存分お買い物をしてストレス発散。
気分も回復です(/∀\*)

ですが、家に帰って、冷静になって使った金額を考えてみたら・・・
また違ったストレスが襲ってきましたΣ(´Д`lll)エエ!!




ガンバレ 作新学院 2017

201707260747596eb.jpeg

今年も夏の高校野球の季節になりました。
栃木県代表は昨年の甲子園優勝校の作新学院。
7年連続出場です。
そして、深紅の大優勝旗を全員で返しに行くことになりました((∩^Д^∩))

高校野球って、やっぱりイイですね。
自分が高校生のときの母校の野球部の活躍は、妻と2人の大切な思い出の一つで、それはその後の人生の自信や希望となって影響しているように思います。
高校野球の思い出

とりよたは毎年、作新学院を応援しています。
昨年の記事はこちら→ガンバレ 作新学院
なかなか球場には足を運べませんが、栃木大会連覇が始まった6年前から、甲子園はもちろん、関東大会や地方予選まで、作新学院の公式戦はほとんどチェックしているんです。

作新学院は他の甲子園の強豪校と違い、選手のほとんどが地元栃木県出身。
もちろん中学時代に活躍していた選手もいますが、全国から選手を集めて甲子園に出場するのではなく、地元の選手を鍛え上げて勝ち進んでいます。
フツーに近所の子が活躍しているんですから、地元も応援のしがいがありますね。

それに、選手たちは試合ごとに成長し続けていて、特に昨年のチームは、秋や春の栃木県大会ではなかなか勝てなかったのに、試合を重ねるごとに強くなって、とうとう全国制覇まで(っ*^ ∇^*c)
これこそ教育です(*^^*)
祝 作新学院 全国制覇

とりよたが作新学院を応援するのは、もちろん地元だからですが、実は息子たちが2人とも作新学院に通っていたからなんです(#^.^#)

ですが、それだけではなく、もう少し深い理由があります。

息子たちは希望して作新学院に入学したわけではありませんでした。
いわゆる不本意入学ですね。
高校入試に失敗してしまったのでした。

2人とも地元の名門高校を受験しましたが、努力もむなしく不合格。
特に長男はひどく落ち込んでしまいました。
努力しても報われなかったのです。
入学からしばらくの間、特に1年生のうちは、作新学院に通うのも、制服を着るのもイヤでたまらなかったようでした。
夏期講習の時に高校名を書くのも屈辱的に思って殴り書きしたことも。
そんな感じでしたので、自分の学校に対して愛校心なんてカケラもなく、むしろ大嫌いだったのです。

ですが、野球部が朝早くから夜遅くまで厳しい練習をしていたり、休日も学校周辺の清掃をしていたり、礼儀正しくひたむきな姿を目の当たりにしていたようで、野球部には少し違った目で見るようになったようでした。
野球部は当時、まだなかなか甲子園に出場できなかったのですが、長男が2年生の時に夏の甲子園出場。
それどころかあれよあれよと強豪校を倒してベスト4に。

その活躍を見て長男はいろいろと感じるところがあったみたい。
選手たちがずっと努力していた姿を見ていたのですから、努力はいつか報われるとまた信じることができるようになったようです。

次男の場合は、もちろん落ち込んではいましたが、野球部と同じように強豪で知られる部活動入り、他校から一目置かれることに。
次男の頃はすでに甲子園の強豪校になっていて、次男にとっても野球部は自分の学校の誇りと感じていたみたいです。
結局、在学中はセンバツも含めて4回も甲子園に出場したのに、自分の部活で一度も応援に行けなかったのですが、昨年の決勝戦はとりよたと2人でテレビ観戦。
全国制覇の瞬間を一緒に喜びました。

今は2人とも大学生です。
長男は作新学院を卒業したことを堂々と友達に話をしているようです。
次男は、高校日本代表のユニフォームを着た同級生の写真をスマホで友達に見せているようです。
2人とも言っていましたが、作新学院と言えば知らない人は1人もいないそうです。

野球部の活躍が、息子たちに自信と希望を取り戻させてくれ、母校に誇りを持つことができるようにしてくれたのです。
ですから、とりよたはこれからも作新学院を応援していきます。




フリーエリア

プロフィール

とりよた

Author:とりよた
偶然か、運命のいたずらか、縁もゆかりもなかった宇都宮に定住し、諸々の事情で都内まで新幹線通勤して早10年以上。都会で仕事して田舎暮らしするのにも大分慣れてきた今日この頃です。

コメント大歓迎、リンクフリーです(*^^)v


サラリーマン ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア