カクテルの街 宇都宮

今週末、義兄夫婦が宇都宮に来ました。
義兄というのは妻の兄で、東京で建築デザイン関係の仕事をしています。
義兄夫婦には子供がいないので、今まで何度か来ては子供たちの相手をしてもらっていて、子供たちも大好きなおじちゃんです(;^ω^)

でも今は子供たちは大学生になって宇都宮にはいません。
今までは夜は家でお食事ということが多かったのですが、子供たちがいない今回はオトナの夜の過ごし方を、なんてことになって出かけてきました\(//∇//)\

宇都宮にはもう19年以上住んでいますが、今まで子供たちがいたのでオトナのイイ雰囲気のお店なんか行ったことなんてなかったです。
お酒はほぼ家飲みオンリーでしたし、飲み会なんかあっても大抵は和●のような安い居酒屋ばかりでしたので、「どこかいいお店知らない?」と聞かれて困っちゃいました(。-_-。)

ちなみに4人とも非喫煙者でタバコの煙が大の苦手。
最近でこそ東京は禁煙や分煙だ進んできましたが、宇都宮のような地方都市ではまだまだのようで、イイ感じの居酒屋でも少数の喫煙者のタバコの煙で残念な状態に。
なかなか落ち着いて食事できそうなところがなかなか見つからず、義姉がスマホでさんざん検索してやっと静かでいい雰囲気のお店を見つけました。

で、入ったのは宇都宮市街地の中心部にある「ホテル・ザ・セントレ宇都宮」の2階にあるレストラン「治兵衛」。
ま、ホテルのレストランですから当たり前のように静かですよね(〃▽〃)

そこでしばらくお食事。
観光客や出張者が多く利用している関係でしょうか。
地元栃木の食材を使った料理や、栃木のお酒を各種取り揃えているようです。

地元のお酒はいつでも家飲みできますので今回はパス。
代わりにといってはなんですが、最近品薄でほとんど手に入らなくなったサントリーの「山崎12年」を愉しむことに。
ウイスキーは昔から好きだったとりよたも、数年ぶりの「山崎12年」に、「え、こんなにいい香りだったっけ!!」といつになくハイテンション(´∀`*;)ゞ


「山崎」って、特に12年以上のものはほとんど小売店で見かけなくなったという話をしていたら、それを聞いていた店員さんが来て、最近は確保するのが大変で、サントリーとの人脈を使ってなんとか仕入れているとのこと。
それでもリミテッドものは年に何本も入らないということでした。

その方もウイスキーにはコダワリがあるみたいで、山崎がなかなか手に入らないので代わりになりうる国産ウイスキーを、ということで、秩父で醸造される「イチローズ・モルト」に早くから注目して、メニューに加えているとか。
こんな話で盛り上がった後、その方がまた来て「もしよかったら、サービスです」と持ってきたのが試飲用の「山崎12年」「山崎18年」「イチローズ・モルト ホワイトラベル」「イチローズ・モルト グリーンリーフラベル」の4種類((((;゚Д゚)))))))
これ全部のみ比べできるなんて・・・し・あ・わ・せ\(//∇//)\

ついでにボトルの写真まで撮らせていただきました。
右から「12年」「18年」「リミテッド2017」「ノンビンテージ」です(o゚□゚)o≪≪≪ワアァァァァァァッ!!

DSC_1139_(002)_convert_20170924143124.jpg


で、こんな至福なときを過ごして、次に行こうということになったのがこちら。
知る人ぞ知る「バー・シャモニー」です。

DSC_1145_(002)_convert_20170924143259.jpg

実は宇都宮って、全国的にも有名なバーテンダーが集結している街です。
バーテンダーの国内外の大会優勝者を何人も排出している、「カクテルの街」なんですよね。
当然、そんな優秀なバーテンダーのお店がいくつもあって、この「バー・シャモニー」もその一つ。

初めて入ってみたんですが、お店の中はとってもオトナのいい雰囲気(#^.^#)
禁煙なのもうれしいかぎり。
写真撮影禁止なので、それをお伝えできないのが残念です。

さすが、ここでは普段見られないお酒がたくさん。
シングルモルトでは、マッカランの年代別のボトルがずらり。
それだけで圧巻です。

お酒の銘柄を指定して注文するのもいいですが、やっぱり一流のバーテンダーにお任せするのがイイのかも。
とりよたはカクテルを注文することにして、お任せでシェイクしてもらうことに。
大体の好みを聞かれたので、「すっきりめでスパーシーで」なんて、よくわからないような返事をしたら、「かしこまりました」と。

でほどなくして出てきたのは、ライムとソーダでスパイシーに仕上げたカクテル。
それにしてもこんないい加減な注文で、こちらの要望にドンピシャのカクテルを作ってくるなんて恐れ入りました。
あ、カクテルの名前を言われたけど忘れちゃった((^∀^*))

せっかくだからウイスキーも、と義兄がこれまたお任せで注文。
好みは「ちょっとクセのあるのがイイかな」
で、出てきたのが「アードベッグ」
それも2017年の限定品の「ケルピー」です。

さすがにクセがありすぎかも、と思ったのですが、なんだかおいしそう。
とりよたも頼んじゃいました(ノ´▽`*)b☆

続いて義姉も注文。
「アードベッグ」の2016年限定品の「ダークコーヴ」です。
これも強烈な香りですが、満足している様子。

さすがに一流のバーテンダーですね。
感心したのはお酒のチョイスだけじゃなく、トークも上手。
すっかり楽しませてもらいました。

他のお客さんがちょうどいなくなったのでダメもとでボトルの写真を撮らせてほしいと頼むと、あっさり「いいですよ」。
撮影禁止のお店で写真撮影に成功。
テンションMAXですヽ(≧∀≦)ノ

DSC_1140_(002)_convert_20170924143209.jpg

アードベッグの「ケルピー」と「ダークコーヴ」です。

カウンターにはたくさんのボトルが。
多すぎてほんの一部しか写真に入りませんでした。

DSC_1141_(002)_convert_20170924143228.jpg

入り口近くには数々のトロフィーが誇らしげに飾られています。
一流の証ですね。

DSC_1142_(002)_convert_20170924143243.jpg


ということですっかり宇都宮のオトナの夜を満喫してお店を出て、いい気分で宇都宮市の繁華街を歩きました。
いつも見慣れた風景なのですが、なんだかちょっと違ったように見えたのが不思議。
いつも何気なく通り過ぎていた道にこんなディープなところがあったんだ。

住み始めて19年。
宇都宮を再発見した夜になりました。




新幹線定期



今朝、いつものように宇都宮駅の新幹線改札を通ろうとしたら、
ピ〜ンポ〜ン♪
あ、いっけね〜
定期切れてたんだっけ((((;´・ω・`)))

慌てて券売機に行って定期を購入。
朝はいつも多少余裕を持って駅に来ていますので、こんなときも乗り遅れることはないんですけどね(。-_-。)
それにしても改札でピ〜ンポ〜ン♪って、ホントバツが悪いですね( /ω)

ところで、継続定期券の購入はとっても簡単になりましたね。
新幹線通勤を始めたのは13年くらい前ですが、その頃は定期券の購入は基本的にはみどりの窓口で買うものでした。
継続定期券を購入できる券売機もあるにはあったのですが、宇都宮駅の場合、たくさんある券売機の中で1台くらいでした。
普通の券売機が緑色なのに、定期券を買えるものは確かピンク色かオレンジ色でした。

なので新年度や高校生の新学期なんかで定期券を買う人が多い時期は券売機にも窓口にも人が並ぶことに。
下手に朝買おうとすると乗り遅れそうになるので、事前に帰りの時間に買うか、どうしても朝買わなければならないときは、いつもよりずっと早く家を出ていました。

そのうちに券売機ならどれでも買えるようになって、待ち時間はほとんどなくなったおかげで、定期券を朝購入するときもいつもと同じ時間に家を出ればよくなりました。
そんなこともあって、定期券の期限切れに無頓着になって気づかないこともあったりします。
で、今朝みたいにバツの悪いことになっちゃうことも(〃▽〃)

ちなみに1ヶ月で108,350円
交通費は会社からだいたい月に換算すると60,000円ちょっとの支給があります。
差額は自己負担です。
定期券以外にも駅に駐車場を借りていますので、ガソリン代も含めるとだいたい毎月70,000円くらいの自己負担になります。
それを今まで約13年続けて来ましたので、自己負担額の合計は今までに1,000万円くらいになる計算です。

まあ、新幹線通勤を始めたきっかけは転職でしたので、それを大きく上回る収入増になったため負担が重かったとは思っていません。
都内やその周辺で借家住まいとなれば、それ以上の負担は必至です。
それに、宇都宮って社会インフラや気候、そのほかいろいろ整っていて、とっても住みやすいです。

給与水準の高い東京で働いて、物価が安くて環境の良い宇都宮に住む。
こんな、いいとこ取りができるのが新幹線通勤なんです(#^.^#)







ミサイル発射で運転見合わせ



今朝、家を出て、いつものようにクルマで宇都宮駅に向かう途中。
聴いていたFMの音声が突然途切れ、あの音楽がΣ(゚д゚|||)
そしてスマホからも、それも2台から一斉に大合唱((((;゚Д゚)))))))

建物の中に避難してくれって言われても、こんな朝の田舎道じゃどうにもできません。
開いている建物なんてコンビニくらいですが、ちょっと距離がありますし、赤信号を無視しちゃいけないでしょうし。
まあ、ミサイルが本当に飛んできたら逃げ込む前に即死かもm9(゜д゜)っ

案の定、コンビニにたどり着く頃には2回目の情報が。
北海道を通過したとのこと。
ホント、怖いご時世になりましたねε=ε=(怒゚Д゚)ノ

駅に着くとこれまた案の定、新幹線は運転見合わせしていて、運転再開したばかり。
遅れていた列車が発車したところだったみたいです。
まあ、こんな時は焦ってもいいことはありません。

実は新幹線の場合、長距離を高速で運行されていますので、多少の遅延なら目的地に着くまでに挽回しちゃうんです。
なので焦って運転再開したばかりの列車に乗ると混雑するうえ、次の列車がガラガラで、しかもすぐ来来て、結局到着時間はそれほど変わらなかった、なんてことがよくあります。
ですから、こんなときは決して慌ててはいけないんですよね((⊂(^ω^)⊃))

しばらくすると、ホームはいつも以上に混雑してきました。
そこへ約15分遅れで列車が到着。
とりよたがいつも乗る列車の一つ前の列車です。

ホームにいた人たちのほとんどがその列車に乗り込みました。
とりよたは次の、つまりいつも乗る列車に乗ることにして、次の列車待ちの列の先頭に並びました。
車内をのぞくとだいぶ混雑してる様子。
前の列車が発車してから少し時間が開いていましたので、いつもの列車2本分の乗客がこの列車に乗ったようです。
途中駅からも同じように待たされた人が乗り込んできますので、最終的には座席に座りきれなくなりそう。

その列車が発車してから少しすると、いつも乗っている列車が到着。
約10分遅れです。
まあ、これくらいの遅れなら全く問題ありません。
思ったとおり、車内はいつもより空いています。
みなさん前の列車に乗って行ったのでしょう、途中駅からもそれほど乗って来る人はいませんでした。

東京駅到着は数分の遅れ程度で、それもあの混雑していた前の列車のすぐあとに着いたみたいです。
その後、地下鉄に乗り換えて、結局、会社着いたのもいつもとそれほど変わらずでした。
やっぱり、慌ててはいけませんね(*´∀`人 ♪




雨やどり



普段の昼食は妻の手作りのお弁当ですが、たまに外食ということもあったりします。
え? ケンカして作ってもらえなかったんじゃないか?
今日は妻に用事があったためですのでご心配なく。
誰も心配しないか・・(=゚ω゚)ノ

いつものように少し遅いお昼。
お気に入りのラーメン屋さんを目指します。
会社のある九段下からは少し離れてますけどね(^-^)/
尾道ラーメン

少し遅い時間なのでいつもはすいているのですが、今日はちょっと混んでたみたい。
それでも順番待ちということもなくてよかったです。

ラーメンを食べ終えてお店を出ると・・・
雨です(´・_・`)
会社を出るときは降っていなかったのですが、念のため傘を持ってきてよかったです。

会社に戻ろうと歩いていると、雨の勢いが強くなってきました。
傘をさしていてもズボンのスソが濡れそうです。
仕方なく写真の場所でしばらく雨やどりすることに(*´~`*)

ここは日本橋川に架かる新川橋から下流方向を見たところです。
日本橋川の上には首都高が。
遠くに見える石造りの橋は、首都高西神田ランプ近くの堀留橋。

日本橋川は江戸城のお堀の整備の時に護岸工事が行われたそうで、場所によっては当時の石垣のままの場所もあるのだとか。
工事を受け持った大名の家紋入りの石も残されているらしいです。

堀留橋は橋の上からは分かりづらいのですが、こうして見てみるとレトロでいかにも頑丈そうななたたずまい。
それもそのはず、関東大震災の復興事業としてかけられたということです。

首都高はご存知の通り前回の東京オリンピックの時に開通しましたね。
工期を短くするために川の上のようなところに作ったので、今では日本橋川はほとんどの場所が首都高に覆われてしまっています。
あの日本橋も上に首都高が通っていますよね。


江戸から東京へ、戦前の近代化と戦後の高度成長。
ここは東京の歴史を一度に垣間見ることができる場所だったんですね。
普段は何気なく通りすぎる場所でしたが、雨やどりしたことで初めて気づきました。

ちょっとだけの雨やどりでしたが、タイムスリップしたような、なんだか不思議な気持ちになりました。



気温差

20170904080453d59.jpg


やっぱり9月になると涼しくなるものですね。
今朝の宇都宮は半袖では肌寒いくらい。
クルマの表示では気温19度でした。

こんな朝は着ていく服に迷いますよね。
長距離通勤ではなおさらなんです。
というのも、宇都宮と東京では気温差があるからです。

気温差といっても、2~3度くらいで、せいぜい5度までなんですが、これくらいの時期の2~3度って、真夏や真冬よりも体感的に大きいんですね。
宇都宮の朝に合わせた服装だと、東京の職場では暑くてたまらなかった、あるいはちょっと寒いけど真夏の服装にしたら、新幹線ホームや車内で寒くてしょうがなかった、みたいなことになるんです。
ですから、半袖シャツみたいな夏の服装にするか、それとも長袖あるいはジャケットも着ようか、なんて悩んだりすることが多くなります。
ジャケットや上着で調節するのもいいのですが、脱ぐと荷物になるし、職場や新幹線で忘れて帰っちゃうと面倒です。
上の写真でも、半袖シャツの人もいればジャケットを羽織っている人もいますね。

こんなときは天気予報で宇都宮と東京の気温の予想を見て決めることにしています。
基本的には職場の東京に合わせることが多いです。
東京にいる時間の方が長いですし、仕事もやりやすい方がいいですものね。

ということで、今朝は夏の服装の半袖シャツです。
新幹線ホームでは肌寒く感じましたが、それも少しの間だけです。
職場ではちょうどいいでしょうし、半袖の方が軽快に仕事ができますからね。







フリーエリア

プロフィール

とりよた

Author:とりよた
偶然か、運命のいたずらか、縁もゆかりもなかった宇都宮に定住し、諸々の事情で都内まで新幹線通勤して早10年以上。都会で仕事して田舎暮らしするのにも大分慣れてきた今日この頃です。

コメント大歓迎、リンクフリーです(*^^)v


サラリーマン ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧数
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア